マンドゥ (料理)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンドゥ
Korean.cuisine-Gunmandu-01.jpg
各種表記
ハングル 만두
漢字 饅頭
発音 マンドゥ
日本語読み: まんず
ローマ字転写: Mandu
テンプレートを表示

マンドゥ(만두/饅頭)は、韓国料理団子である。

概説[編集]

形状や作り方、調理法はほぼ餃子と近い。小麦粉で作った皮に具を詰め、煮たり、揚げたり、焼いたりして食べる。具にはダイコン豚肉ニラキムチ豆腐春雨などが使われる[1]。形は蒸し器で蒸した日本肉まん型のものやひだをつけた半月状の餃子型、具を置いた皮を二つ折りにし、半月形にしてから両端を留めて円形にしたものなど独特なバリエーションがある。

油で揚げるか焼いて食べるクンマンドゥ(군만두、焼き饅頭)は、韓国では中華料理店や大衆食堂である粉食(プンシク)店などでよく見られ、蒸したジンマンドゥ(찐만두)も粉食店では定番である。茹でたムルマンドゥ(물만두、水饅頭)は中華料理店でよく食べられる。中華料理店や粉食店などの飲食店ではクンマンドゥを揚げて調理することが多く、日本風に油で焼いたクンマンドゥは屋台でよく提供されている。クンマンドゥやジンマンドゥは酢醤油を添えて食べる[1]。ワンマンドゥ(왕만두)は餃子よりも日本の肉まんや中国の包子に近い。朝鮮半島北部の料理にマンドゥをスープ(クク)に入れたマンドゥククやトックク(トックのスープ)にマンドゥを入れたマンドゥトッククがある[1]

韓国の屋台でよく見られる餃子型マンドゥは殆どが冷凍食品である[要出典]。一般家庭でも冷凍食品の餃子型マンドゥがよく食べられ、500g、1kg入りのものを中心にスーパーマーケットなどで多く売られている。最近はMBC放映のドラマ「大長今」から名前を取った四角い形のマンドゥ「大長今」や海鮮マンドゥなど、冷凍マンドゥも多様化している。

歴史[編集]

高麗国教仏教だったが、モンゴルの支配により食肉の禁止が緩和され、肉を含むモンゴル料理とともにマンドゥが持ち込まれた。

もう一つの説は、それ以前の時代に中東からシルクロードを経由して朝鮮半島に来たというものである[2]。チョン・ヘギョン湖西大学校教授によると、ダンプリングやなど多くの小麦から作られる食品はメソポタミアに発し、そこから周囲へと徐々に伝播した。また、それがシルクロードに沿って東へ広がるうちに、マンドゥのような多くの派生的な種類が中央アジア東アジアに残された[3]

トリビア[編集]

  • 2003年の韓国映画『オールド・ボーイ』で、監禁されたオ・デスは大嫌いなクンマンドゥを毎日食べさせられる。解放されたオ・デスはクンマンドゥを出す飲食店を食べ歩き、監禁されていた場所をつきとめる[4]
  • ワンダーガールズのメンバー、ソヒは頬の形がマンドゥに似ているため、しばしばマンドゥと呼ばれる[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 李信徳 (2001). 韓国料理 伝統の味・四季の味. 柴田書店. p. 115. ISBN 4-388-05895-5. 
  2. ^ Mandu 斗山世界大百科事典から
  3. ^ (朝鮮語) Mandu, Hankook Ilbo, 2009-01-21
  4. ^ Old Boy mandu, Yonhap News, 2005-03-21
  5. ^ Sohee hates nickname Mandu, Joy News 24, 2008-01-14