国府達矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マンガヘッドから転送)
移動先: 案内検索
国府達矢
生誕 (1973-03-28) 1973年3月28日(44歳)
出身地 京都市左京区
職業 歌手および作詞作曲
活動期間 1996年 -
レーベル Sony Music Associated Records (1999年-2001年)
ワンダーグラウンド・ミュージック (2001年-)
RefRain Records (2010年-)
事務所 ワンダーグラウンド・ミュージック
公式サイト 国府達矢.com

国府 達矢(こくふ たつや、1973年3月28日 - )は、京都市出身の歌手および作詞・作曲家。

音楽活動前[編集]

京都市左京区の「哲学の道」に近い場所で生まれ、6歳まで京都で過ごし、18歳まで奈良、その後大阪へ。そして、20歳で上京する。

第1期[編集]

1996年4月21日にMix Love Juiceとして、アルバム『SPLAY』(TGCS-271)でインディーズデビュー後、1999年1月1日に小林武史プロデュースの「ZONE LABEL」から、MANGAHEADとしてメジャーデビューし、以下の曲をリリースする。(年号表記のないものはすべて1999年にリリース。)

シングル 発売日 タイトル 備考
1st 1月1日 Lines AICT-1023
2nd 4月21日 アルハズノモノ AICT-1053
3rd 7月23日 LIVE LIKE AICT-1105

1stアルバム「The PLANET of MANGAHEAD」(9月9日 / AICT-1088)

  1. MANGAHEAD 0
  2. でいいや
  3. Kecak Interlude
  4. アルハズノモノ
  5. Go!
  6. 左耳取と右手顔
  7. シビア
  8. LIVE LIKE
  9. Arpegio Interlude
  10. Lines
  11. 永遠


その後、2000年5月24日にOVAAMON デビルマン黙示録』のサウンドトラック 『デビルマン黙示録 SOUND EDITION』(AICT-1182)[1]をリリースしてMANGAHEADとしての活動を終了する。

ちなみに、「MANGAHEAD」という名前は、哲学、宗教、アイデンティティの不在を"マンガ"が埋めているという大衆の精神構造、または社会構造を指しての造語で「漫画頭」の意味。[2]

現在、この件について小林武史本人の記録からは消えている。[3]

第2期[編集]

2003年12月3日にソロアルバム『ロック転生』(WRD-8)をリリース。そのアルバムの最後の曲「うた」にSalyuがコーラスとして参加したことが縁で、2007年10月17日にリリースしたSalyuの9thシングル『LIBERTY』(TFCC-89220)[4]を皮切りに以下の曲を作曲。

これによってSalyuのセルフプロデュースを制作面から支援している。

  • EXTENSION』 - 12thシングル(2009年8月19日・TFCC-89284)[5]に収録している3曲
    • 「アイ(I)」 - Salyuと共同で作曲。
    • 「ROSE」 - 坂本美雨作詞。
  • Maiden Voyage(処女航海)』 - 3rdアルバム(2010年3月24日・TFCC-86324)
    • 「L.A.F.S.(Love At First Sight)」 - Salyuとの共作曲。
    • 「Cruise」 - コーラスとしても参加。(一青窈作詞。)
    • 「BIRTHDAY」 - ドラムにMr.Children鈴木英哉が参加。
    • 「VOYAGE CALL」 - ギターを演奏。
  • 「タングラム」 - 14thシングル『LIFE』(2010年8月25日・TFCC-89311)の3曲目に収録。
Salyuと共同で作詞・作曲した曲、編曲は国府自身でコーラスとしても参加。
  • s(o)un(d)beams』 - 小山田圭吾プロデュースのコンセプトアルバム(2011年4月13日[6]・TFCC-86345)
    • 「muse'ic」
    • 「s(o)un(d)beams」 - いずれもSalyuと共同で作詞。

近況(第3期)[編集]

2011年5月18日にロックブッダとしてシングル『+1Dイん庶民』(RFRN-6)[7]をリリースし、アルバム『エヴリバディーズ@ブッダ』(RFRN-7)を近日リリースする予定。[8] [9]

上記の音源は2017年現在、発表には至っていないが、2017年中に3枚のアルバムを発表予定としている。

ライブ活動[編集]

2003年12月8日の「ロック転生レコ発ライブ・黎明」から数えて約50回開催。特に七尾旅人古明地洋哉と一緒にライブをすることがある。

2016年11月30日 [七尾旅人presents百人組手番外篇 『Amazónes』] at 東京・新宿LOFTのサブステージにて3時間のワンマンライブを敢行。

2017年7月31日 国府達矢、個人としてのワンマンライブをライブハウス七針にて予定している。

脚注[編集]

  1. ^ ちなみに、その1曲目は大橋仁の写真集「目のまえのつづき」をリスペクトした曲である。
  2. ^ 本人は命名以前から、造語として日常的に使用していた。(「snoozer」等で語った談話より)
  3. ^ 日経エンタテインメント!』2001年6月号に「1998年にソニー・ミュージックエンタテインメントから『ZONE LABEL』を任されたが、レーベルがうまく機能せずヒットが出ぬまま組織が解消された。」とあるが、『別冊カドカワ総力特集・小林武史』(2008年12月8日発売)で、本人のプロフィールから「『ZONE LABEL』をおこしてWoman's SoulやMANGAHEADなどをプロデュースした。」ことの記述自体がなくなっている。
  4. ^ 「LIBERTY」のミュージックビデオ
  5. ^ 「EXTENSION」のミュージックビデオ - いずれも、YouTube Salyu ch.
  6. ^ 元々は3月23日にリリースする予定だった。
  7. ^ そのシングルの1曲目に収録されている「続•黄金体験」のうた(Short Ver.) - YouTube RefRain Records ch.
  8. ^ 「国府達矢、復活へのカウントダウン。」 - Togetterまとめ
  9. ^ 自身としてのアルバムもリリースする予定がある。

関連項目[編集]

外部サイト[編集]