マレーシア鉄道公社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マレーシア国有鉄道から転送)
移動先: 案内検索

マレーシア鉄道公社(マレーシアてつどうこうしゃ、マレー語:Keretapi Tanah Melayu Berhad, 略称:KTMB, 英語:Malayan Railways Limited)は、マレーシアシンガポールマレー鉄道の運行・管理および関連事業を経営している政府系の会社である。

沿革[編集]

設立:1992年10月1日

本社[編集]

クアラルンプール駅の正面にある。

本社ビルは、海峡植民地時代にイギリスの建築家アーサー・B・ハボックによって設計され、1917年11月に完成したムーア式建築の建物である。1983年に歴史記念物に指定され、法律により保護されている。

地下でクアラルンプール駅とつながっている。

主要事業[編集]

鉄道事業[編集]

  • マレー鉄道路線網を使用して、以下の輸送サービスを提供している。
KTMインターシティ
KTMコミューター
貨物輸送

関連事業[編集]

管理している土地の有効活用として、マンション、オフィス・ビル、ショッピング・センターなどの開発・維持管理を行っている。

子会社[編集]

マルチモーダル貨物輸送会社[編集]

マルチモーダル貨物輸送会社(マレー語:Multimodal Freight Sdn. Bhd.)は、以下の5か所の鉄道貨物ターミナルコンテナの取扱い、荷捌き、倉庫の運営および、鉄道と連携したトラック輸送を行っている。

本社は、スバン・ジャヤにある。

1988年に設立され、1991年にマレーシア政府からコンテナ輸送業の認可を得た。その後、1999年にはマルチモーダル運送事業者 (略称:MTO, 英語Multimodal Transport Operator) としてマレーシア政府から認定された。

KTM配送会社[編集]

KTM配送会社(マレー語:KTM Distribution Sdn. Bhd.)は、鉄道を利用した小包宅配サービスを行っている。

従来マレーシア郵政 (Pos Malaysia) の独占事業であった信書および書類の配送を、最大2kgまでの配送に限って認可を受けている。

KTMB駐車場会社[編集]

KTMB駐車場会社(マレー語:KTMB Car Park Sdn Bhd)は、駅構内駐車場の運営を行っている。

1994年に設立され、1995年に現在の会社名に変更されている。

2006年現在、マレーシア国内17駅とシンガポールタンジョン・パガー駅の駐車場を運営している。

KTMコミューター運行区間の駅ではパーク・アンド・ライドを推進するため、駐車場設置を積極的に展開している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]