マレト・マリプー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
RE Maret Maripuu.jpg

マレト・マリプーエストニア語: Maret Maripuu1974年7月16日 - )は、エストニアの政治家。左派の改革党所属。

タリン生まれ。1999年から2007年までリーギコグ(国会)議員を務め、うち2006年から2007年までは副議長を務めた。1999年から2005年までタリン市会議員も兼務し、うち2001年から2005年までは議長を務めた[1]。その後、2007年4月から2009年2月まで社会福祉相を務めた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
ヤーク・アープ
エストニア社会福祉大臣
2007年4月5日 – 2009年2月23日
次代:
ハンノ・ペヴクール