マル・ドライヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マル・ドライヤー
Malu Dreyer
Malu Dreyer Re publica faces 2019 (47797689221).jpg
2019年撮影
生年月日 (1961-02-06) 1961年2月6日(60歳)
出生地 西ドイツの旗 西ドイツ
ラインラント=プファルツ州ノイシュタット・アン・デア・ヴァインシュトラーセ
出身校 ヨハネス・グーテンベルク大学マインツ
所属政党 ドイツ社会民主党
公式サイト www.malu-dreyer.de

在任期間 2013年1月16日 - (現職)

在任期間 2019年6月3日 - 2019年12月6日

在任期間 2016年11月1日 - 2017年11月1日
テンプレートを表示

マル・ドライヤードイツ語: Marie-Luise Anna „Malu“ Dreyer1961年2月6日 - )は、ドイツ政治家。2013年から、ラインラント=プファルツ州首相を務める。ドイツ社会民主党(SPD)所属。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

ラインラント=プファルツ州ノイシュタットで生まれ育つ。父親は校長で、母親は教師を務めていた。3人兄妹で兄と妹がいる[1]。1977年に交換留学生として、カリフォルニア州の高校に留学している。1980年にアビトゥーア試験を受験した後、ヨハネス・グーテンベルク大学マインツ英語学とカトリック神学を学びはじめたが、途中から専攻を法律学に切り替え、法学位を取得した。大学を卒業後は、1991年にバート・クロイツナハ検察官に任官している[2]

政界入り[編集]

州首相であったクルト・ベックから、2002年にラインラント=プファルツ州の労働社会大臣に任命され、州政府の閣僚となった。2006年の州議会選挙に出馬し初当選[3]

ラインラント=プファルツ州首相[編集]

2012年9月にラインラント=プファルツ州首相を退任することを表明したクルト・ベックから後任指名を受け、2013年1月16日に州議会で州首相に選出される[4]。ラインラント=プファルツ州では初の女性州首相となった(ドイツ国内で女性の州首相は4人目となる)。

脚注[編集]

  1. ^ Malu Dreyer - Eine starke Frau wird Landesmutter” (ドイツ語). rhein-zeitung.de. 2012年10月3日閲覧。
  2. ^ Lebenslauf der Ministerpräsidentin ラインラント=プファルツ州公式サイトの州首相紹介ページ(ドイツ語)
  3. ^ マル・ドライヤー - - ドイツニュースダイジェスト
  4. ^ ((SPIEGEL ONLINE, Hamburg, Germany)) (2012年9月28日). “Beck hört als Ministerpräsident und SPD-Chef in Rheinland-Pfalz auf”. Der Spiegel/Spiegel Online. 2015年7月12日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
クルト・ベック
Flag of Rhineland-Palatinate.svg ラインラント=プファルツ州首相
2013年 -
次代:
(現職)
先代:
スタニスラフ・ティリッヒ
ドイツの旗連邦参議院議長
2016年 - 2017年
次代:
ミヒャエル・ミュラー
党職
先代:
アンドレア・ナーレス
ドイツ社会民主党幹事長
2019年
次代:
ザスキア・エスケン英語版
ノルベルト・ヴァルター=ボルヤンス英語版