マルヴィーダ・フォン・マイゼンブーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルヴィーダ・フォン・マイゼンブーク
生誕 (1816-10-28) 1816年10月28日
ドイツ、ヘッセン州、カッセル
死没 (1903-04-23) 1903年4月23日(満86歳没)
イタリア、ローマ
国籍 ドイツ
職業 Author
著名な実績 Memories of an Idealist
カール・ラヴァリエ(父)

マルヴィーダ・フォン・マイゼンブークMalwida von Meysenbug1816年10月28日1903年4月23日)はドイツの作家。その作品には、「Memories of an Idealist」(1869年当時、匿名で出版されたものの第一巻にあたる)がある。マイゼンブークはフリードリヒ・ニーチェリヒャルト・ワーグナーの友人だった。1890年にはローマで、フランス人作家、ロマン・ロランに出会っている。

経歴[編集]

ヘッセン州カッセルに生まれる。父、カール・リヴァリエはフランス系ユグノー教徒の子孫で、ヴィルヘルム1世 (ヘッセン選帝侯)からマイゼンブーク男爵の称号を贈られている。マルヴィーダは10人兄弟の9番目で、自分の確固たる政治信念のために他の兄弟達とは絶縁していた。兄弟達のうち2人が立身しており、1人はオーストリアで、もう1人はカールスルーエで役人となっていた。とはいえフォン・マイゼンブークは自分の家族に連絡を取ることを拒否し、最初はハンブルクの自由社会に住んでいた。1852年イギリスへ移住、教職と翻訳の仕事で生計を立てた。その後、レドル・ロリン、ルイ・ブラン、ゴットフリート・キンケルら、共和主義者達に会っている。彼らは皆、政治亡命者だった。イギリスでは、カール・シュルツとも知り合っている。

1862年には、フォン・マイゼンブークは、ロシア社会主義の父として知られるアレクサンダー・ヘルツェンの娘、オルガ・ヘルツェンを伴ってイタリアに移住している(アレクサンダー・ヘルツェンの娘をフォン・マイゼンブークが教えていたのである)。1873年、オルガ・ヘルツェンはガブリエル・モノーと結婚し、フランスに家庭を持つ。しかしマルヴィーダの健康が優れなかったため、オルガと行動を共にすることはできなかった。

フォン・マイゼンブークは、ニーチェに何人かの友人を紹介しているが、ヘレーネ・フォン・ドリュシュコウィッツもその一人だった。ヘレーネは1876年の秋にパウル・レーとニーチェを、ナポリを見下ろす街、ソレントに招いている[1]。その地で、レーは「道徳的感覚の起源」を、ニーチェは「人間的な、あまりにも人間的な」をそれぞれ著したのである[2]

マルヴィーダ・フォン・マイゼンブークは1903年にローマで亡くなった。ローマ市のプロテスタント墓地に埋葬されている。

参照項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Human, All Too Human, Penguin Classics, p.x ISBN 978-0-14-044617-3
  2. ^ Marion Faber, Human All Too Human, Penguin Classics, Introduction p.x

外部リンク[編集]