マルハズ・アキシュバイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルハズ・アキシュバイア

マルハズ・アキシュバイアアブハズ語: Малхас Акшбаグルジア語: მალხაზ აკიშბაია1972年5月6日 – )は、アブハジアの政治家。アブハジア自治共和国政府 (GARA) における法令上の政府長(2006年3月–2009年6月)を務めた。

生涯[編集]

1972年にグルジアSSRアブハズASSRガリ地区グダヴァにて誕生。1994年にキエフ大学を卒業し、オックスフォード大学で修士課程を修了。経済省(1999年–2001年)、国防省(2004年)、国家安全保障会議(2004年)に勤務。2004年12月から2006年3月までアブハジア自治共和国政府 (GARA) で財務大臣を務め、2006年3月21日にGARA政府長に就任[1]。2008年8月、南オセチア紛争によりトビリシ亡命政府を設置。2009年6月11日に辞任[2]、後任にはギオルギ・バラミアが就いた。2010年、ジョージア政府にて農業次官に就任。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]