マルト・ケラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルト・ケラー
Marthe Keller
マルト・ケラー Marthe Keller
1975年撮影
生年月日 (1945-01-28) 1945年1月28日(76歳)
出生地 スイスの旗バーゼル
職業 女優、オペラ演出家
活動期間 1964年 -
主な作品
映画
悲愁』(1978年)

テレビドラマ
怪盗紳士アルセーヌ・ルパン
テンプレートを表示

マルト・ケラー(Marthe Keller、1945年1月28日 - )は、スイス女優オペラ演出家

来歴[編集]

バーゼル出身。幼少期からバレエを習っていたが、16歳の時、スキー中の負傷により断念、女優を志す。ベルリンのいくつかの劇場で働いた[1]後、1964年にデビューし、ドイツのテレビドラマやドイツ映画フランス映画などヨーロッパ各国の映画に多数出演、可憐な美しさで知られるようになる。

1976年、『マラソンマン』でハリウッド映画に進出。『ブラック・サンデー』のテロリスト役や『ボビー・デアフィールド』のアル・パチーノの相手役、ビリー・ワイルダー監督の『悲愁』、クリント・イーストウッドが監督した『ヒア アフター』の医師役などで知られる。

第30回カンヌ国際映画祭1977年)では審査員を務めた。

1999年にはフランシス・プーランクオペラカルメル派修道女の会話』でオペラ演出家デビュー、フランス批評家協会から最優秀オペラ公演賞を受賞するなど高い評価を受けた。2004年には、初のメトロポリタン歌劇場モーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』を演出した[2][3][4]2006年には日本でも公演された[5])。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1966 パーマーの危機脱出
Funeral in Berlin
ブリギット クレジットなし
1969 悪党
Le Diable par la queue
アメリ
君に愛の月影を
Les Caprices de Marie
マリー・パネトン
1971 怪盗紳士アルセーヌ・ルパン
Arsène Lupin
ナターシャ テレビドラマ
1973 ああ!マイホーム
Elle court, elle court la banlieue
マルレーン
1974 マイ・ラブ
Toute une vie
踊子
1976 マラソンマン
Marathon Man
エルザ・オペル
1977 ブラック・サンデー
Black Sunday
ダリア・イヤッド
ボビー・デアフィールド
Bobby Deerfield
リリアン
1978 悲愁
Fedora
フェドラ/アントニア
1980 ジェネシスを追え
The Formula
リサ・スパングラー
1981 ザ・アマチュア
The Amateur
エリザベト
1982 パルムの僧院
La Chartreuse de Parme
ジーナ・サンセヴェリーナ テレビ映画
1983 ワーグナー/偉大なる生涯
Wagner
マティルデ・ヴェーゼンドンク テレビ映画
1985 ルージュ・ベーゼ/15才の恋
Rouge Baiser
ブロンカ
1987 黒い瞳
Oci ciornie
ティナ
1989 陰謀 ナチスに挑んだ男
The Nightmare Years
テス・シャイラー テレビミニシリーズ
1995 供述によるとペレイラは
Sostiene Pereira
デルガド夫人
1997 エル
Elles
バルバラ
告発者 K
K
ノラ・ウィンター
1998 肉体の学校
L'École de la chair
マダム・ソープ
2002 狼とアーロン少年
Time of the Wolf
レベッカ・マクレガー
2007 インストーラー
Chrysalis
ブリューゲン教授
UV -プールサイド-
UV
アヴィニヨン伝説 ~秘められた予言~
La prophétie d'Avignon
ドナ テレビミニシリーズ
2008 キューブ・ホスピタル
Cortex
キャロル・ロートマン
2010 ヒア アフター
Hereafter
ルソー博士
ミケランジェロの暗号
Mein bester Feind
ハンナ・カウフマン
2013 クリムゾン・プロジェクト
La marque des anges - Miserere
ローラ・バーンハイム
2015 忘れられない記憶
Amnesia
マルタ
2017 フランス絶景ミステリー コレクション
「ラ・ブルブール」
Sources assassines
イレーヌ テレビ映画
パリへの逃避行
The Escape
アナ
2018 ロマノフ家の末裔 〜それぞれの人生〜
The Romanoffs
アヌシュカ テレビドラマ

脚注[編集]

  1. ^ Cori Ellison, "Reaching the Top of the Opera World by Accident". New York Times, 29 February 2004.
  2. ^ Anthony Tommasini, "A Monster From Mozart, Oozing Seductive Charm". New York Times, 3 March 2004.
  3. ^ Martin Bernheimer, "Don Giovanni/Metropolitan Opera, New York". Financial Times, 3 March 2004.
  4. ^ Peter G. Davis, "Shaving Crème". New York Magazine, 22 March 2004.
  5. ^ [1]

外部リンク[編集]