マルティン・ニーメラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルティン・ニーメラー(1952年)

フリードリヒ・グスタフ・エミール・マルティン・ニーメラー(Friedrich Gustav Emil Martin Niemöller, 1892年[1]1月14日 - 1984年3月6日)は、ドイツ福音主義神学者古プロイセン合同福音主義教会ヘッセン=ナッサウ福音主義教会ルター派)の牧師反ナチ運動家。ナチスの弾圧とそれに対する抵抗運動を描いた詩『彼らが最初共産主義者を攻撃したとき』(Als die Nazis die Kommunisten holten)の作者。マルチン・ニーメラーとも表記。

生涯[編集]

出自[編集]

リップシュタット市の生家

ノルトライン=ヴェストファーレン州リップシュタット出身。 ニーメラーの父ハインリヒ・ニーメラー (1859–1941) はルター派教会牧師、母はパウラ (1868–1956) 、弟にはビーレフェルト福音主義教会牧師で歴史神学者になったヴィルヘルム・ニーメラー (1898–1983) がいた。新約聖書学者 ルドルフ・ブルトマンを批判する大衆的信仰運動を起こしたルター保守派のルードルフ・バウマー牧師 (1912–1993) はニーメラーの従弟であった[2]1900年、ニーメラー家はリップシュタットからエルバーフェルト (現在のヴッパータール) に転居した。1910年、マルティン・ニーメラーのこの地にある福音主義ギムナジウムに進学しアビトゥーアに合格した。

ドイツ帝国海軍士官時代[編集]

ドイツ海軍士官としてのニーメラー

アビトゥーア合格後、マルティン・ニーメラーはドイツ帝国海軍士官を目指しフレンスブルクミュルヴィック海軍士官学校に入る。見習士官として、防護巡洋艦として建造された練習艦「ヘルタ」に配属された。1912年3月に海軍士官試験に合格した後、士官としての訓練を続けた。同年9月、ヘルゴラント級戦艦「テューリンゲン」に配属された。 1915年から潜水艦隊に配属される。同年、10月Uボート支援艦「バルカン」に哨戒士官de:Wachoffizierとして着任する。その後Uボート乗り組み士官としての訓練をU3型潜水艦で受けた。1916年 2月、次席哨戒士官としてU 73ドイツ語版に乗り組んだ。1916年4月にはU 73で地中海に向かった。マケドニア(サロニカ)戦線支援とオトラント海峡封鎖に対抗するためであった。1916年12月からはエジプトの地中海沿岸都市ポートサイド沖で機雷を敷設し、通商破壊活動に従事した。1917年1月から哨戒士官として、ヴァルター・フォルストマン大尉が艦長を務めるU 39ドイツ語版に勤務した。同時期、この艦には後に海軍総司令官になったカール・デーニッツ中尉も勤務していた。哨戒終了後、この艦はキール軍港に帰投し、ニーメラーには一級鉄十字章が授与された[3]

1917年8月から大型のU 151ドイツ語版に先任哨戒士官として勤務した。U 151はジブラルタル海峡ビスケー湾等で数多くの商船を攻撃し沈めた。同年11月、U 151はフランス領西アフリカダカール港封鎖作戦に加わった。その時、後にノーベル賞を受賞するアルベルト・シュヴァイツァーがヨーロッパに向かう船にいたが、U 151によって港が封鎖され出航が阻止された。1958年になって、この出来事をアルベルト・シュヴァイツァーが手紙でマルティン・ニーメラーに伝えた。それに対して、ニーメラーはU 151でダカール海上封鎖に加わっていたことを認めた[4]

1918年5月、ニーメラーは小型UボートU67の艦長になった。同年7月、U67は南フランス沿岸での機雷敷設と海上封鎖を命じられた。しかし、敵艦船からの砲撃と航空機の攻撃を受け大きな損傷を受け基地に戻った[5]。修理を終えた後、マルセイユ港外に機雷を敷設し、3隻の商船計7万トンを沈めた。1919年1月にキール軍港に帰投し、Uボート艦長としての任務を終えた。ニーメラーは共和国政府を受け入れず、ヴァイマル共和国海軍には入らなかった。退役後、ミュンスター大学福音主義神学部に入学し、父と同じ牧師の道を目指した。 1920年3月、ドイツ共産党 (KPD)を中心とする左派勢力によるルール蜂起が発生した。これに対して民間右翼の準軍事組織ドイツ義勇軍 (フライコーア)が結成されたが、ニーメラーは右派系退役軍人としてドイツ義勇軍ミュンスター学生大隊の指揮官として左翼勢力に対する弾圧に加わった。

ヴァイマル共和国時代における修学と牧師職就任[編集]

1919年4月20日、ニーメラーはエルザ・ブレーマー(1890年7月20日 – 1961年4月20日、デンマークでの交通事故で死亡)と結婚した。その年の5月から10月まで、ニーメラーは農民として生計を立てようとして、オスナブリュックの西約 8 kmのヴェスターカペルンにある農場で働いた。しかしながら、その農場での働きでは生計を立てるには無理があったので、福音主義神学ミュンスター大学で学ぼうと決心したのである。この時期、ニーメラーはさまざまな極右系組織に積極的に関与した。神学へのモチベーションこそが、彼の向学心の中心であって、キリスト教の使信に意義を見出し、教会の様々な仕組みによって秩序を回復することを望んだのである。ミュンスターの地において牧師補の職務に尽くした。

1920年、ニーメラーの住んでいたヴェストファーレン地方で、ルール蜂起と呼ばれる左翼勢力による大規模な暴動が発生した。この蜂起の鎮圧に際して、ニーメラーはドイツ義勇軍ミュンスター学生大隊の指揮官としてルール赤軍弾圧に加わった[6] 。神学部学生としてドイツ国家人民党の学生組織に加入し、1年間であるが党学生組織のトップを務めていた。1920年の夏には民族主義団体ドイツ民族防衛同盟ドイツ語版に加入していた[7]。ニーメラーは ヴェストファーレン福音主義教会の第1次神学試験を1923年に受けた後、ミュンスターで牧師補になった。

モーデル元帥

この地の福音主義教会で奉職していた1923年、ニーメラーはミュンスター駐屯の陸軍連隊中隊長だったヴァルター・モーデル (後のドイツ国防軍元帥)と知り合った。ニーメラーはモーデルの3人の子供に洗礼を授けた[8]。当時、ニーメラーとモーデルは多くの点で意見が一致した。

1924年以降の各種選挙に際して、ニーメラーはナチス (NSDAP)に投票していた[9]

1924年に、ニーメラーはヴェストファーレン地区における内国伝道(福祉事業)の責任者になった。1927年、内国伝道に関する貸付金融公庫を創設した。

1931年ベルリンの高級住宅地にあるダーレム福音主義教会共同体の第3牧師に招聘された。1932年聖アンネン教会を担当する第3牧師として任職された。ニーメラーの牧師就任式はダーレム福音主義教会共同体のもう一つのイエス=キリスト=教会 (ダーレム) でおこなわれた。

1932年、ニーメラーは牧師として、モーデルは陸軍少佐としてベルリンで再会した。ニーメラーはモーデル少佐の私邸に牧師として歓待された。福音主義教会信徒として、積極的に礼拝にも出席する信仰者でもあったモーデルは、頻繁にニーメラーと議論した。モーデルは政治的にはナチスの支持者であったが、教会内の親ナチス勢力であった「ドイツ的キリスト者」には近づかなかった[10]



牧師、平和主義活動家としてのニーメラー[編集]

1920年代のニーメラーは政治的には右派であり、アドルフ・ヒトラーの支持者だったが、教会からのユダヤ人追放政策に反対し、1933年9月に反ナチに転じた。告白教会の創立者の一人となりドイツにおける福音主義教会のナチ化に強く反対するようになった[11]。ナチの教会に対する国家管理への反対行動によって、1937年から1945年までの間、ザクセンハウゼン強制収容所ダッハウ強制収容所に収容されたが、ホロコーストをまぬがれ収容所から生還した。

戦後、1947年から1964年までヘッセン=ナッサウ福音主義教会の教会議長(他の州教会での監督に相当)を務めた。1948年から1956年まで在外ドイツ人の福音主義教会を管轄するドイツ福音主義教会(EKD)外務局長でもあった。 1950年代から平和主義者、反戦運動家として声をあげるようになり、ベトナム戦争中もホー・チ・ミンと面談し、反核運動でも活動した。ヴィースバーデンで没した。

脚注[編集]

  1. ^ ニーメラーとその言葉とはしんぶん赤旗」2006年4月27日
  2. ^ Wolfgang Caesar: Vom armen Heuerling bis zum Superintendenten – die Vorfahren des Theologen Martin Niemöller. In: Genealogie. Band 64, 2015, S. 612–631.
  3. ^ Martin Niemöller: Festschrift zum 90. Geburtstag, Heinz Kloppenburg, Martin Niemöller, Pahl-Rugenstein, 1982, ISBN 978-3-7609-0673-7, S. 17.
  4. ^ In: Welt Krieg Gedenken. Materialien für Gottesdienste und Gemeindearbeit. Zentrum Verkündigung der Evangelischen Kirche in Nassau, Juni 2014, S. 13. Digitalisat PDF Aktualisiert am 24. Januar 2020
  5. ^ Harald Bendert: Die UC-Boote der Kaiserlichen Marine 1914-1918 - Minenkrieg mit U-Booten. Hamburg, Berlin und Bonn 2001, S. 171.
  6. ^ Template:Webarchiv/Archive-is bei der Martin-Niemöller-Stiftung
  7. ^ Benjamin Ziemann: Martin Niemöller als völkisch-nationaler Studentenpolitiker in Münster 1919 bis 1923, in: Vierteljahrshefte für Zeitgeschichte, Heft 2, April 2019, S. 209–234.
  8. ^ Walter Görlitz: Strategie der Defensive – Model. Limes-Verlag, Wiesbaden / München 1982, S. 34.
  9. ^ Ernst Klee: Die SA Jesu Christi. Die Kirche im Banne Hitlers. Frankfurt a. M. 1989, S. 9.
  10. ^ Walter Görlitz: Model – Strategie der Defensive. Limes-Verlag, München/Wiesbaden 1982, S. 43, 57.
  11. ^ マルカム・マガリッジ『イギリスの30年代』ありえす書房、1977年、218p。

関連項目[編集]

彼らが最初共産主義者を攻撃したとき - ニーメラーの言葉に由来する詩。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]