マルセル・シュヴァリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マルセル・シュバリエ(Marcel Chevalier、1921年2月28日 - 2008年10月8日)は、フランスの最後の死刑執行人ムッシュ・ド・パリ)である。

生涯[編集]

1921年2月28日にフランスモンルージュで生まれた。

1958年から死刑執行人アンドレ・オブレヒト助手を務めた。彼の妻はアンドレ・オブレヒトの姪である。1976年にオブレヒトが健康上の理由で執行人を辞任したため、5人の助手のひとりだった彼が跡を継ぐ形で死刑執行人となった。

フランソワ・ミッテラン政権のロベール・バダンテール司法大臣の下で死刑制度が廃止される1981年まで死刑執行人の公務を務めた。フランスでは1791年以来1981年の死刑廃止に至るまで、ギロチンを使用して死刑を執行していた。

彼はアンドレ・オブレヒトの助手として38人の死刑執行にたずさわり、1976年に執行人に就任してからは2人の死刑執行を行った。1977年9月10日に行われた死刑が、フランス最後の死刑執行となった。

彼は死刑執行人の公職が廃止されると引退して、印刷業者として働いた。

妻であるマルセル・オブレヒトとの間に2人の子供があり、長男のエリック・オブレヒトは長年にわたって父の助手を務めていた。死刑制度が廃止されたのは彼が定年を迎える直前だった。もしも死刑廃止が数年伸びていれば、エリックが死刑執行人の職を継承するはずだった。

彼は何度もマスコミから取材を受けたが、大半のメディアがギロチン処刑人という部分だけを強調して報道するため、マスコミに幻滅して取材を受けなくなった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
アンドレ・オブレヒト
ムッシュ・ド・パリ
1976年 - 1981年
次代:
死刑制度廃止