マルセルブサック賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルセルブサック賞クリテリウム・ド・プーリッシュ
Marcel Boussac-Critérium des Pouliches
開催国 フランスの旗フランス
主催者 フランスギャロ
競馬場 パリロンシャン競馬場
創設 1969年
2014年の情報
距離 芝1600m
格付け G1
賞金 賞金総額30万ユーロ[1]
出走条件 サラブレッド2歳牝馬
負担重量 定量(56kg
テンプレートを表示

マルセルブサック賞クリテリウム・ド・プーリッシュ(マルセルブサックしょう、: Marcel Boussac-Critérium des Pouliches)は、フランス競走である。

フランスにおける唯一の2歳牝馬限定G1競走で、同競馬場の一大イベントである凱旋門賞ウィークエンドのなかで開催されている。

創設時はクリテリウム・デ・プーリッシュCritérium des Pouliches)の名称で、1980年にフランスを代表する馬産家だったマルセル・ブサックの名をとって「マルセルブサック賞」に改称した。2010年からは「マルセルブサック賞クリテリウム・ド・プーリッシュ」に改称した。

概要[編集]

同競走の創設以前は2歳牝馬にとって重要な重賞競走がフランスには存在しておらず、牡馬と同様にグランクリテリウムが大目標[2]とされていた。だが、時が経つにつれ牡馬との対決が避けられることが増えたため、1969年にグランクリテリウムと同じコースで行われる2歳牝馬限定の高額賞金重賞クリテリウム・デ・プーリッシュCritérium des Pouliches)が創設された。

その後、1980年3月21日に亡くなったマルセル・ブサックを記念して現競走名へと改称された。ブサックはオーナーブリーダーとして有名であるが、それだけではなく奨励協会(フランスギャロの前身)の前会長でもありフランス競馬の発展に大きく寄与している[3]

凱旋門賞ウィークエンドの日程に組み込まれた競走のひとつであり、凱旋門賞などが開催される日曜日の第3競走として行われている。創設後に出た2頭のフランス牝馬三冠馬アレフランスザルカヴァがともに本競走でも優勝しているとはいえ、必ずしも翌年の牝馬クラシックにつながってはいない。同時期に施行されているチェヴァリーパークステークスフィリーズマイルとの争いに苦しみながらも、ヨーロッパの最優秀2歳牝馬が出現する舞台となっている。

歴史[編集]

  • 1969年 - ロンシャン競馬場で行われる芝1600メートルの2歳牝馬限定重賞、クリテリウム・デ・プーリッシュとして創設。
  • 1971年 - グループ制導入に伴いG1に格付け。
  • 1980年 - 競走名をマルセルブサック賞に変更。
  • 1987年 - コース設定を中回りコースからメイン(大外回り)コースに変更。
  • 2004年 - パスカル・バリー調教師と馬主のニアルコス・ファミリーが3連覇。
  • 2005年 - 賞金総額が25万ユーロから30万ユーロに増額。
  • 2016年2017年 - シャンティイ競馬場で代替開催。

歴代優勝馬[編集]

創設から2歳牝馬しか出走していないため、性齢欄は省略する。

回数 施行日 調教国・優勝馬 日本語読み タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1969年10月5日 フランスの旗Vela ヴェラ 1:40.3 L.ピゴット R.カーヴァー Jr. S.Sokolov
第2回 1970年10月4日 フランスの旗Two to Paris トゥートゥパリス 1:42.1 J.Desaint J.カニントン Jr. L.ドハーティ
第3回 1971年10月3日 フランスの旗Dark Baby ダークベイビー 1:39.5 G.ドゥルーズ J.ローメン M.フルニエ
第4回 1972年10月8日 フランスの旗Allez France アレフランス 1:38.0 Y.サンマルタン A.クリムシャ D.ウィルデンシュタイン
第5回 1973年10月7日 フランスの旗Hippodamia ヒッポダミア 1:43.0 W.パイヤーズ M.ジルベール(en) N.ハント
第6回 1974年10月6日 フランスの旗Oak Hill オークヒル 1:47.8 Y.Josse G.ブリッジラン Madame S.Houyvet
第7回 1975年10月5日 フランスの旗Theia テイア 1:44.3 Y.サンマルタン R.トゥフラン Baronne S.Lopez-Tarragoya
第8回 1976年10月3日 フランスの旗Kamicia カミシア 1:49.7 F.Flachi J.Laumain Madame H.Rabatel
第9回 1977年10月2日 フランスの旗Tarona タローナ 1:41.9 P.パケ(en) F.ブータン(en) G.オールダム
第10回 1978年10月1日 フランスの旗Pitasia ピタシア 1:48.3 A.ジベール A.Paus D.クレイグ(en)
第11回 1979年10月7日 フランスの旗Aryenne アリアンヌ 1:41.3 Y.サンマルタン J.フェローズ D.G.ヴォルカート
第12回 1980年10月5日 フランスの旗Tropicaro トロピカロ 1:43.4 A.ルクー(en) M.ジルベール B.コーツ
第13回 1981年10月4日 フランスの旗Play It Safe プレイイットセイフ 1:46.9 L.ピゴット F.ブータン B.ファイアーストン夫人(en)
第14回 1982年10月3日 イギリスの旗Goodbye Shelley グッバイシェリー 1:47.4 J.ロウ S.G.ノートン S.ブルック夫人
第15回 1983年10月2日 フランスの旗Almeira アルメイラ 1:38.8 D.ヴィンセント J.カニントンJr. M.バッチャーニ伯爵夫人
第16回 1984年10月7日 フランスの旗Triptych トリプティク 1:46.7 A.ルクー D.スマガ A.クロアー
第17回 1985年10月6日 イギリスの旗Midway Lady ミッドウェイレイディ(en) 1:37.9 L.ピゴット B.ハンブリー H.Ranier
第18回 1986年10月5日 フランスの旗Miesque ミエスク 1:37.5 F.ヘッド F.ブータン S.ニアルコス
第19回 1987年10月4日 イギリスの旗Ashayer アシャイール 1:37.4 W.カーソン J.ダンロップ シェイク・ハムダン
第20回 1988年10月2日 フランスの旗Mary Linoa メアリーリノア 1:41.2 A.ルクー D.スマガ D.スマガ
第21回 1989年10月8日 イギリスの旗Salsabil サルサビル(en) 1:40.3 W.カーソン J.ダンロップ シェイク・ハムダン
第22回 1990年10月7日 イギリスの旗Shadayid シャダイード(en) 1:40.7 W.カーソン J.ダンロップ シェイク・ハムダン
第23回 1991年10月6日 イギリスの旗Culture Vulture カルチャーヴァルチャー(en) 1:40.6 R.クィン(en) P.コール(en) C.ライト
第24回 1992年10月4日 フランスの旗Gold Splash ゴールドスプラッシュ 1:44.9 G.モッセ C.ヘッド J.ヴェルテメール(en)
第25回 1993年10月3日 フランスの旗Sierra Madre シエラマドレ 1:45.4 G.モッセ P.バリー(en) J.ブシャール
第26回 1994年10月2日 フランスの旗Macoumba マクンバ 1:43.8 F.ヘッド C.ヘッド エトレアム牧場
第27回 1995年10月1日 フランスの旗Miss Tahiti ミスタヒチ 1:40.2 O.ペリエ A.ファーブル D.ウィルデンシュタイン
第28回 1996年10月6日 イギリスの旗Ryafan ライアファン(en) 1:39.8 L.デットーリ J.ゴスデン(en) K.アブドゥッラー
第29回 1997年10月5日 フランスの旗Loving Claim ラヴィングクレーム 1:37.6 O.ドゥルーズ C.ヘッド シェイク・マクトゥーム
第30回 1998年10月4日 フランスの旗Juvenia ジュヴェニア 1:43.0 O.ドゥルーズ C.ヘッド ヴェルテメール兄弟
第31回 1999年10月3日 フランスの旗Lady of Chad レディオブチャド 1:44.9 O.ペリエ R.ギブソン J.D.マーティン
第32回 2000年10月1日 フランスの旗Amonita アモニタ 1:36.3 T.ジャルネ P.バリー P.ムーサック夫人
第33回 2001年10月7日 イギリスの旗Sulk サルク 1:43.0 L.デットーリ J.ゴスデン J.ウィガン
第34回 2002年10月6日 フランスの旗Six Perfections シックスパーフェクションズ(en) 1:37.9 T.テュリエ(en) P.バリー ニアルコス・ファミリー
第35回 2003年10月5日 フランスの旗Denebola デネボラ 1:40.9 C.ルメール P.バリー ニアルコス・ファミリー
第36回 2004年10月3日 フランスの旗Divine Proportions ディヴァインプロポーションズ 1:36.7 C.ルメール P.バリー ニアルコス・ファミリー
第37回 2005年10月2日 アイルランドの旗Rumplestiltskin ランプルスティルトスキン(en) 1:37.3 K.ファロン A.オブライエン J.マグナー夫人、M.テイバー、ニアルコス・ファミリー
第38回 2006年10月1日 アイルランドの旗Finsceal Beo フィンシャルベオ 1:34.9 K.マニング(en) J.ボルジャー M.ライアン
第39回 2007年10月7日 フランスの旗Zarkava ザルカヴァ 1:37.0 C.スミヨン A.ロワイエ=デュプレ アーガー・ハーン4世
第40回 2008年10月5日 フランスの旗Proportional プロポーショナル 1:36.0 S.パスキエ C.ヘッド K.アブドゥッラー
第41回 2009年10月4日 フランスの旗Rosanara ロサナラ 1:37.2 C.スミヨン A.ロワイエ=デュプレ アーガー・ハーン4世
第42回 2010年10月3日 アイルランドの旗Misty for Me ミスティフォーミー(en) 1:42.5 J.ムルタ A.オブライエン M.テイバー、D.スミス、J.マグナー夫人
第43回 2011年10月2日 イギリスの旗Elusive Kate イルーシヴケイト 1:38.1 W.ビュイック J.ゴスデン マグノリア・レーシングLLC&R.フッド
第44回 2012年10月7日 フランスの旗Silasol シラソル 1:44.62 O.ペリエ C.ラフォン=パリアス ヴェルテメール兄弟
第45回 2013年10月6日 フランスの旗Indonesienne アンドネジエンヌ 1:38.74 F.プラ C.フェルラン ヴェルテメール兄弟
第46回[4] 2014年10月5日 アイルランドの旗Found ファウンド 1:37.45 R.ムーア A.オブライエン M.テイバー、D.スミス、J.マグナー夫人
第47回[5] 2015年10月4日 アイルランドの旗Ballydoyle バリードイル 1:35.44 R.ムーア A.オブライエン M.テイバー、D.スミス、J.マグナー夫人
第48回[6] 2016年10月2日 イギリスの旗Wuheida ウハイダ 1:35.85 W.ビュイック C.アップルビー
第49回[7] 2017年10月1日 イギリスの旗Wild Illusion ワイルドイリュージョン 1:37.47 J.ドイル C.アップルビー
第50回[8] 2018年10月7日 フランスの旗Lily's Candle リリーズキャンドル 1:38.98 P-C.Boudot F.Vermeulen

優勝馬の日本への輸入[編集]

1994年のタタソールズ・ディセンバーセールにおいてメアリーリノアが橋本牧場に購入された。その後、アメリカに輸出されたが残された血からヒルノダムールが出ている。

次にレディオブチャドが2000年に春のクラシックで敗北した後、吉田照哉に買い取られた。現役引退後に日本で繁殖牝馬となり、小倉2歳ステークス優勝馬のジュエルオブナイルを産んでいる。吉田照哉はイルーシヴケイトも本競走優勝後の2011年11月に購入し馬主となった。

記録[編集]

  • レースレコード - 1:36.30(2000年優勝馬アモニタ)
  • 最多優勝騎手(3勝)
  • 最多勝調教師(5勝)
  • 最多勝馬主(4勝) - ニアルコス・ファミリー[9](2002年〜2005年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.horseracingintfed.com/default.asp?section=Racing&area=8&racepid=58351 IFHA Total Prix Marcel Boussac - Criterium des Pouliches]2014年12月5日閲覧。
  2. ^ 当時は2歳も出走可能だったフォレ賞や本競走の12年前に創設されたアベイ・ド・ロンシャン賞といった年上との混合重賞に出走する2歳牝馬もいる。
  3. ^ ブサックの所有・生産馬は本競走で優勝していないが、彼が会長のときにロンシャン競馬場の増改修が行われ創設の1969年に完成している。
  4. ^ 2014年レース結果 - レーシングポスト、2014年10月7日閲覧
  5. ^ 2015年マルセルブサック賞 - レーシングポスト、2015年10月5日閲覧
  6. ^ 2016年マルセルブサック賞 - レーシングポスト、2016年10月2日閲覧
  7. ^ 2017年マルセルブサック賞 - レーシングポスト、2017年10月1日閲覧
  8. ^ 2018年マルセルブサック賞 - レーシングポスト、2018年10月7日閲覧
  9. ^ 1986年優勝のミエスクの馬主スタブロス・ニアルコスが亡くなった後に娘マリアを中心に組織された。2005年の勝利は一部保有の第3パートナーとしてのものである。

外部リンク[編集]