マルセラ・アクーニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルセラ・エリアナ・アクーニャ
Tigresa Acuña -presidenciagovar -3MAY07.jpg
基本情報
本名 Marcela Eliana Acuña
通称 La Tigresa
階級 スーパーバンタム級
身長 164cm
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
誕生日 (1976-10-15) 1976年10月15日(42歳)
出身地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
フォルモサ州フォルモーサ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 53
勝ち 46
KO勝ち 19
敗け 6
引き分け 1
テンプレートを表示

マルセラ・エリアナ・アクーニャMarcela Eliana Acuña1976年10月15日 - )は、アルゼンチンの女子プロボクサー、元格闘家、元空手家。フォルモサ州フォルモーサ出身。トレス・デ・フェブレロ英語版市議会議員も勤める[1]。リングで見せる攻撃的なファイトスタイルから「La Tigresa(女虎)」の異名を持つ。

ファイトスタイル[編集]

バックボーンのひとつである空手を髣髴とさせる、ややアップライトに構えたファイティングポーズが特徴。強烈な左右のフック、右ストレートを主軸にしたインファイトを得意としている。

来歴[編集]

7歳でボクシングを始めるが、格闘技に専念するようになり12歳で黒帯を取得、14歳で南米チャンピオンなど多くのタイトルを手にする。

1995年、妊娠していることが判明する。父親は当時交際中だったトレーナーで、彼と結婚すると共に格闘技から引退。長男を出産した。産休後に現役復帰、ボクシングに専念しプロデビューに向けてトレーニングを再開した。

プロデビュー[編集]

1997年12月5日、アメリカ合衆国フロリダ州ポンパノビーチクリス・マーティンと対戦し、10回0-3(2者が90-99、90-100)の判定負けを喫しデビュー戦を白星で飾れなかった。

1998年9月25日、コネチカット州レッドヤードフォックスウッズ・リゾート・カジノルシア・ライカIBO女子世界スーパーライト級王座決定戦を行い、5回2分2秒KO負けを喫し王座獲得に失敗した。

2001年4月28日、母国初試合としてブエノスアイレスジャミリア・ローレンスと対戦し、初勝利となる4回戦2-1(39.5-37.5、37-39、39-37.5)の判定勝ちを収めた。

国内王座獲得[編集]

2002年1月19日、ブエノスアイレスでパトリシア・アレハンドラ・キリコとアルゼンチンFABフェザー級初代王座決定戦を行い、初回1分14秒KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2002年3月1日、エントレ・リオス州パラナマリア・デル・カルメン・モンティエルと対戦し、10回3-0(2者が99-87.5、99-88)の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2002年6月29日、サンタクルス州リオ・ガジェゴスでマリア・デル・カルメン・モンティエルとノンタイトル8回戦を行い、3-0の判定勝ちを収めた。

2002年11月15日、コルドバ州コルドバスペル・ドモ・オルフェオアリシア・アシュレーWIBF世界スーパーバンタム級王座決定戦を行い、10回1-2(2者が94-96、97-95)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2003年2月20日、ブエノスアイレスでルーデス・ノエミ・ゴンザレスとアルゼンチンFABスーパーバンタム級初代王座決定戦を行い、2回TKO勝ちを収めFAB王座の2階級制覇を果たした。

2003年6月14日、ブエノスアイレス州ボリーバルでWIBF世界スーパーバンタム級王者アリシア・アシュレーと対戦し、10回0-3(92-98、92-97、94-97)の判定負けを喫し7ヵ月ぶりの再戦でリベンジに失敗した。

世界王座獲得[編集]

2003年12月6日、ブエノスアイレスのエスタディオ・ルナ・パルクダマリス・ピノック・オルテガWIBA世界ライトフェザー級王座決定戦を行い、6回1分42秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2004年5月26日、ブエノスアイレスのエスタディオ・ルナ・パルクでデイジー・パディージャと対戦し、初回43秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した。

2005年1月22日、フォルモーサ州フォルモーサマリア・アンドレア・ミランダとWIBA世界フェザー級王座決定戦を行い、3回1分37秒TKO勝ちを収め2階級制覇を果たした。

2005年5月14日、ブエノスアイレス州カセロスネリス・リンコンと対戦し、2回1秒、リンコンの棄権により初防衛に成功した。

2005年10月22日、クイーンズランド州ブロードビーチゴールドコースト・コンベンション&エキシビジョン・センターシャロン・アニオスWBC女子世界フェザー級初代王座決定戦を行い、10回0-3(2者が94-96、93-97)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2006年8月12日、ブエノスアイレスでアナイス・セシリア・グティエレス・カリージョWBA女子世界スーパーバンタム級初代王座決定戦を行い、10回3-0(3者が100-90)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2006年10月14日、ブエノスアイレスのエスタディオ・ルナ・パルクでパオラ・エステル・ヘレーラと対戦し、初回TKO勝ちを収め初防衛に成功した。

2006年12月14日、ブエノスアイレスでマリベル・サンタナと対戦し、2回40秒、サンタナの棄権により2度目の防衛に成功した。

2007年4月20日、メンドーサ州ゴドイ・クルスヤズミン・リバスと対戦し、10回3-0(100-89、2者が99-90)の判定勝ちを収め3度目の防衛に成功した。

2008年7月3日、ブエノスアイレスのエスタディオ・ルナ・パルクでダニエル・ボウチャードと対戦し、3-0(2者が100-90、99-91)の判定勝ちを収め4度目の防衛に成功した。

2008年12月4日、ブエノスアイレスのエスタディオ・ルナ・パルクでアレハンドラ・オリベラスとWBA・WBC女子世界スーパーバンタム級王座統一戦を行い、10回3-0(95-94、97-93、98-91)の判定勝ちを収め王座統一に成功、WBA王座5度目の防衛、WBC王座獲得に成功した。

2009年4月30日、ブエノスアイレスのエスタディオ・ルナ・パルクで暫定王者ジャッキー・ナバと王座統一戦を行い、10回3-0(98-92、98-91、99-90)の判定勝ちを収めWBC王座の統一に成功した。(記録上は初防衛)

1度目の引退へ[編集]

ナバ戦後、トレス・デ・フェブレロ市議会議員選挙に出馬。

選挙には当選を果たしたため引退を表明。ただしこの時点で引退時期については明言を避けていた。

2009年8月20日、ブエノスアイレスエスタディオ・ルナ・パルクアリシア・アシュレーと対戦し、10回2-0(96-94、95-95、96-95)の判定勝ちを収めWBC王座2度目の防衛に成功した。

2010年4月10日、ブエノスアイレスマリア・エレナ・ビラロボスと対戦し、10回3-0(2者が98-92、98-93)の判定勝ちを収めWBC王座3度目の防衛に成功した。

2010年8月20日、フォルモサ州フォルモーサロシレッテ・ドス・サントスと対戦し、10回1分19秒TKO勝ちを収めWBC王座4度目の防衛に成功した。

2010年12月11日、シャンテル・マルティネスと対戦しWBC王座5度目を目指す予定だったがアクーニャが引退を表明した為、中止となった。

2010年12月、WBCから名誉王座に認定された。

現役復帰[編集]

2012年5月19日、ブエノスアイレス州ヘネラル・ビジェガスマリア・エレナ・ビラロボスWBC女子世界スーパーバンタム級シルバー王座決定戦を行い、復帰戦での勝利となる10回3-0(96-91、99-89、98-90)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年8月17日、トゥクマン州サン・ミゲル・デ・トゥクマンベティアナ・パトリシア・ビナスと対戦し、9回3-0(2者が86-85、87-84)の負傷判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2012年12月21日、ブエノスアイレス州ラ・プラタカロリーナ・デュアーと対戦し、復帰後初黒星となる10回0-3(93.5-97.5、96-96.5、94.5-98)の判定負けを喫した。

2013年1月25日、メンドーサ州サン・マルティンでWBA・WBO女子世界スーパーバンタム級王者ジェシカ・マルコスが対戦し、10回1-1(94-96、97-93、95-95)の判定で引き分けた為WBA王座獲得に失敗、WBO王座獲得にも失敗した。

2013年5月10日、ブエノスアイレス州タピアレスエディス・マティセと対戦し、10回3-0(3者が99-91)の判定勝ちを収めた。

2013年7月13日、トゥクマン州サン・ミゲル・デ・トゥクマンメリッサ・ヘルナンデスと対戦し、10回3-0(99-91、100-90、98-92)の判定勝ちを収めた。

2013年10月25日、サルト県サルトハラナ・ドス・サントスとWBO女子世界スーパーバンタム級王座決定戦を行い、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2014年3月28日、コルドバ州ヴィラ・マリアエストレージャ・バルベルデと対戦し、6回TKO勝ちを収め初防衛に成功した。

2014年8月23日、ブエノスアイレス州ホセ・レオン・スアレスでエディス・マティセと1年3か月ぶりに再戦し、10回3-0(98-92、96-94、97-93)の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した。

2016年5月7日、ブエノスアイレスのエスタディオF.A.Bでマイラ・ゴメスとWBA女子世界フェザー級暫定王座決定戦を行い、10回3-0(100-90が2者、99-91)の判定勝ちを収めWBA王座の2階級制覇を果たした。

2016年9月9日、ブエノスアイレス州カセロスのCe.De.M. N° 2でブレンダ・カレン・カルバハルと対戦し、10回3-0(99-91、100-90.5、98-92)の判定勝ちを収め初防衛に成功した[2]

2016年12月16日、ブエノスアイレス州モレノでジェシカ・マルコスとIBF女子世界スーパーバンタム級王座決定戦を行い、10回KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2017年6月16日、ブエノスアイレス州カセロスでシャノン・オコネルと対戦し、10回判定勝ちを収め王座の初防衛に成功した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]


WIBA世界ライトフェザー級王者
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:メリッサ・デル・バジェ
2003年12月6日 - 2004年(返上)空位
(次タイトル獲得者:リサ・ブラウン
WIBA世界フェザー級王者
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:ライカ
2005年1月22日 - 2005年10月22日(剥奪)空位
(次タイトル獲得者:ジャニーヌ・ガーサイド
WBA女子世界スーパーバンタム級王者
在位期間
空位
創設
2006年8月12日 - 2010年1月10日(剥奪)空位
(次タイトル獲得者:リサ・ブラウン
WBC女子世界スーパーバンタム級王者
在位期間
アレハンドラ・オリベラス2008年12月4日 - 2010年12月(名誉王座)空位
(次タイトル獲得者:アリシア・アシュレー
WBO女子世界ジュニアフェザー級王者
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:ジェシカ・マルコス
2013年10月25日 - 2016年(剥奪)空位
(次タイトル獲得者:サブリナ・マリベル・ペレス
WBA女子世界フェザー級暫定王者
在位期間
暫定王者決定戦対戦者:マイラ・ゴメス2016年5月7日 - 現在次暫定王者:N/A