マルセイバターサンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルセイバターサンド
マルセイバターサンド(六花亭)
種類 菓子
販売開始年 1977年
日本での製造 六花亭
完成国 日本の旗 日本
関係する人物 小田豊四郎(六花亭創業者)
外部リンク http://www.rokkatei.co.jp/
テンプレートを表示

マルセイバターサンドは、北海道帯広市六花亭製菓が販売している菓子。同社の販売額のおよそ4割を占める代表的な菓子であり、北海道土産としての知名度が高い[1]

概要[編集]

六花亭専用の北米小麦粉でつくったビスケットで、ホワイトチョコレートと北海道産生乳100%のバターおよびカリフォルニア州産のレーズンをあわせたクリームをサンドしている[2]。長らく道内のみのローカルな人気に留まっていたが1990年代終盤頃より2000年代初頭にかけ全国的にその名が知られるようになった。単品の土産商品としては赤福白い恋人と並ぶ大型商品である[1]

マルセイとはの中にの字を入れたもので、依田勉三の興した晩成社(依田牧場)が1905年(明治38年)に北海道で初めて商品化したバターのことである(当時の表記はマルセイバタ)[3][4]。マルセイバターサンドの包装は 発売当時のマルセイバターのラベルを復刻・再デザインしているため、レトロな外観を持つ[5]

開発の経緯[編集]

1977年六花亭製菓の社名変更を記念して発売された。当時、代官山小川軒のレーズンウィッチが高い評価を得ていたことから、これを参考に開発された。レーズンウィッチはショートニングクリームに用いていたのに対し、マルセイバターサンドは六花亭の主力製品だったホワイトチョコレートとフレッシュバターで作ったレーズンバタービスケットで挟んでおり、時間が経ってもサクサクした食感が保たれる。この食感を実現するため、開発に当たっては材料の選定に時間が費やされた[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 佐藤はるみ「六花亭ブランドの形成」、『産研論集』31-32、札幌大学経営学部附属産業経営研究所、2006年3月、 125頁、 NAID 110005050342
  2. ^ 六花亭の商品紹介
  3. ^ 大和田努 (2013年). “「マルセイバタ」を売り込め!— 十勝から東京へ —【コラムリレー第24回】”. 集まれ!北海道の学芸員. 北海道博物館協会 学芸職員部会. 2016年5月23日閲覧。
  4. ^ 森鴎外、漱石も味わった? 晩成社の「マルセイバタ」”. WEB TOKACHI. 十勝毎日新聞社 (2014年2月27日). 2016年5月23日閲覧。
  5. ^ 観月陸 (2014年12月10日). “北海道土産の超定番、六花亭「マルセイバターサンド」の秘密”. マイナビニュース. 株式会社マイナビ. 2016年5月23日閲覧。