マルシアル・ボバディジャ・ギジェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はボバディジャ第二姓(母方の)はギジェンです。
プーチン大統領信任状を捧呈するボバディジャ大使(2005年11月)

マルシアル・ボバディジャ・ギジェンスペイン語: Marcial Bobadilla Guillénロシア語: Марсиал Бобадилья Гильен[1]繁体字: 柏馬紹[2]1951年8月23日 - )は、パラグアイ外交官大使アスンシオン出身[3]

経歴[編集]

1976年アスンシオン国立大学英語版(UNA)を卒業[3]

1979年6月1日より、在アメリカ合衆国パラグアイ大使館英語版で初めての在外勤務。1980年3月18日、在米大使館の二等書記官に昇格。1986年6月10日、在米大使館の一等書記官に昇格。1988年から1990年にかけて、在米州機構臨時代表を務める。1991年12月から1993年3月にかけて、在米州機構代表を務める。1993年から1997年にかけて、本省勤務。1997年2月17日より、在ロシアパラグアイ大使館で臨時代理大使。1999年8月28日より、在ドイツパラグアイ大使館で公使。2003年5月から9月にかけて、在米大使館で公使として商務担当。2003年から2005年にかけて、本省勤務[3]

2005年11月8日、在ロシアパラグアイ大使スペイン語版として、モスクワクレムリンウラジーミル・プーチン大統領信任状を捧呈した[4]。在ロシア大使として駐箚している期間に、非常駐の在アゼルバイジャン大使在アルメニア大使在ウズベキスタン大使在カザフスタン大使在ベラルーシ大使も兼任していた[3]

2012年6月より、本省勤務[3]

2013年8月1日、在中華民国パラグアイ大使スペイン語版中国語版として、台北中華民国総統府馬英九総統に信任状を捧呈した[2]

出典[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
カルロス・マルティネス・ルイス・ディアス
パラグアイの旗 在中華民国パラグアイ大使スペイン語版中国語版 中華民国の旗
2013年~
次代:
(現職)
先代:
ホセ・マルティネス・レスカノ
パラグアイの旗 在ロシアパラグアイ大使スペイン語版 ロシアの旗
2005年~2012年
次代:
ラモン・ディアス・ペレイラ