マルコ・チェッキナート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルコ・チェッキナート
Marco Cecchinato
Tennis pictogram.svg
Marco Cecchinato 2016.JPG
マルコ・チェッキナート
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・パレルモ
生年月日 (1992-09-30) 1992年9月30日(27歳)
身長 185cm
体重 78kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2010年
ツアー通算 3勝
シングルス 3勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 3,100,967 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 1回戦(2016・19)
全仏 ベスト4(2018)
全英 1回戦(2017-19)
全米 1回戦(2015・18・19)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(2016)
全仏 1回戦(2018)
全英 1回戦(2018)
全米 2回戦(2015)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 17位(2019年2月18日)
ダブルス 169位(2016年6月27日)
2018年10月15日現在

マルコ・チェッキナートMarco Cecchinato, 1992年9月30日 - )は、イタリアパレルモ出身の男子プロテニス選手。2018年全仏オープン男子シングルスでベスト4に進出した。ATPランキング自己最高位はシングルス17位、ダブルス169位。これまでにATPツアーでシングルスで3勝を挙げている。身長185cm。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。

来歴[編集]

7歳からテニスを始める。2010年にプロに転向。

2016年7月、イタリアテニス連盟から八百長を行ったとして18ヶ月の出場停止処分を受けたが[1]、無実主張が認められて解除された。

2018年は4月のハンガリー・オープンラッキールーザーから決勝に進出した。決勝でジョン・ミルマンを 7–5, 6–4 で破りATPツアー初優勝を果たした。全仏オープンではノーシードから快進撃を見せる。3回戦で第10シードのパブロ・カレーニョ・ブスタ、4回戦で第8シードのダビド・ゴフィン、準々決勝で第20シードのノバク・ジョコビッチを 6-3, 7-6, 1-6, 7-6 で破りベスト4に進出した[2]。準決勝では第7シードのドミニク・ティエムに 5-7, 6-7, 1-6 で敗れ決勝進出はならなかった。7月のクロアチア・オープン決勝でギド・ページャに勝利し、ツアー2勝目を挙げる。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 3回 (3勝0敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (3-0)
サーフェス別タイトル
ハード (0-0)
クレー (3-0)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2018年4月29日 ハンガリーの旗 ブダペスト クレー オーストラリアの旗 ジョン・ミルマン 7–5, 6–4
優勝 2. 2018年7月22日 クロアチアの旗 ウマグ クレー アルゼンチンの旗 ギド・ページャ 6–2, 7–6(4)
優勝 3. 2019年2月17日 アルゼンチンの旗 ブエノスアイレス クレー アルゼンチンの旗 ディエゴ・シュワルツマン 6-1, 6-2

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン LQ LQ 1R LQ LQ 1R 0–2
全仏オープン LQ LQ 1R LQ SF 1R 5–3
ウィンブルドン A A A 1R 1R 1R 0–3
全米オープン LQ 1R A LQ 1R 1R 0–3

脚注[編集]

外部リンク[編集]