マルコム・クラッセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルコム・クラッセン
基本情報
本名 マルコム・クラッセン
通称 Stone(岩)
階級 スーパーフェザー級
身長 164cm
国籍 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
誕生日 1981年12月3日(34歳)
出身地 ハウテン州ランドホンテイン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 40
勝ち 33
KO勝ち 17
敗け 6
引き分け 2
無効試合 0
テンプレートを表示

マルコム・クラッセンMalcolm Klassen、男性、1981年12月3日 - )は、南アフリカプロボクサーハウテン州ランドホンテイン出身。第22・25代IBF世界スーパーフェザー級王者。タフが売りで接戦に持ち込むのが巧い選手。

来歴[編集]

1999年5月22日、プロデビュー。

2005年8月31日、南アフリカフェザー級王座を獲得した。以後、3度の防衛に成功した。

2006年11月4日、ケンプトンパークのエンペラーズ・パレスでIBFIBO世界スーパーフェザー級王者ゲイリー・セントクレアに挑戦し、12回2-1(113-115、117-111、118-112)の判定勝ちで王座を獲得した。

2007年4月20日、ムゾンケ・ファナと対戦し、12回1-2(113-116、115-114、112-116)の判定負けで初防衛に失敗し王座から陥落した。

2008年8月29日、IBF世界スーパーフェザー級王座挑戦者決定戦でマヌエル・メディナと対戦し、2回1分42秒TKO勝ちで指名挑戦権を獲得した。

2009年4月18日、IBF世界スーパーフェザー級王者カシウス・バロイに挑戦し、7回2分42秒TKO勝ちで王座に返り咲いた。

2009年8月22日、ヒューストントヨタセンターロバート・ゲレーロ対戦し、12回0-3(111-117、112-116、113-116)の判定負けで初防衛に失敗し王座から陥落し1度目の引退を表明した。

2011年11月19日、2年3カ月振りに現役復帰。WBF世界スーパーフェザー級王座決定戦をダニエル・ロメリと行い、12回3-0の判定勝ちで王座獲得に成功した。

2012年10月14日、カシウス・バロイとの決着戦を行い8回3-0の判定勝ちでバロイに引導を渡した。

2013年5月16日、IBO世界スーパーフェザー級王者ウィル・トミリンソンと対戦し12回0-3の判定負けで世界ランカーから転落した。

2014年12月14日、ムゾンケ・ファナと7年振りに再戦する予定になっていたがメインのヌコシナチ・ジョイ vs レイ・ロリト第2戦がジョイの負傷のため延期の措置により無期限の延期になり、クラッセンはライト級に転向したため、ファナとのラバーマッチ実現は困難になった。

2015年3月20日、ウイントフックのラマテック・ファクトリーでWBOインターナショナルライト級王座決定戦を元WBA世界ライト級王者でWBO世界ライト級3位パウルス・モーゼスと対戦。3回にキャリア初のダウンを奪われたが6回にダウンを奪い返したのをきっかけに逆転。12回3-0の判定勝ちで2年ぶりのランカー復帰を手にし2階級制覇の道筋を作った。

2015年11月28日、パウルス・モーゼスとIBOインターコンチネンタルライト級王座決定戦で8ヶ月ぶりの再戦を行い王座獲得を目指す予定だったが直前になって中止になった。

2016年7月29日、本格的にナチュラルウェイトに戻しての試合。ヨハネスブルクでIBO世界スーパーフェザー級王者のジャック・アシスと対戦し12回3-0の判定勝ちを収め10年ぶりの王座返り咲きに成功した。

獲得タイトル[編集]

  • 第22代IBF世界スーパーフェザー級王座(防衛0度)
  • 第25代IBF世界スーパーフェザー級王座(防衛0度)
  • 第10代IBO世界スーパーフェザー級王座
  • WBOインターナショナルライト級王座
  • 第18代IBO世界スーパーフェザー級王座


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ゲイリー・セントクレア
第22代IBF世界スーパーフェザー級王者

2006年11月4日 - 2007年4月20日

次王者
ムゾンケ・ファナ
前王者
カシウス・バロイ
第25代IBF世界スーパーフェザー級王者

2009年4月18日 - 2009年8月22日

次王者
ロバート・ゲレーロ