マルク・エルムレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マルク・フリードリホヴィチ・エルムレル
生誕 (1932-05-05) 1932年5月5日
出身地 ロシアの旗 ロシア レニングラード
死没 (2002-04-14) 2002年4月14日(69歳没)
学歴 東京音楽学校
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

マルク・フリードリホヴィチ・エルムレルロシア語:Марк Фридрихович Эрмлер, ラテン文字表記:Mark Fridrikhovich Ermler, 1932年5月5日 レニングラード - 2002年4月14日 ソウル)はロシア指揮者。とりわけバレエ音楽の専門家として著名であった。

経歴[編集]

1932年、サンクトペテルブルク生まれ。父は映画監督のフリードリッヒ・エルムレルである。 サンクトペテルブルク音楽院で指揮をボリス・ハイキンのクラスで学んだ。1952年にレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団を指揮してデビューする。翌年、同じくサンクトペテルブルクでオペラ指揮者としてデビューしている。

1956年からボリショイ劇場の常任指揮者に迎えられ、以降長年にわたり指揮を続けた。1998~2001年には同劇場の音楽監督と主任指揮者、美術監督を務めた。1964年からバレエの指揮もしている。 1974年にロンドン劇場、1986年にロイヤル・オペラ・ハウスに出演した。1985年からはコヴェント・ガーデン王立歌劇場のバレエ指揮者も兼任し、1986年にはコヴェント・ガーデン王立歌劇場の日本公演に帯同して初来日し、《カルメン》を指揮。1989年にはボリショイ劇場と共に来日して《ボリス・ゴドゥノフ》を指揮した。 1994年には、パリ・バスティーユ劇場に《ファウスト》を引っさげて登場し、ヨーロッパ各地で演奏活動を展開した。 1998年にはボリショイ劇場に戻り、2000年からはソウル・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任。 2002年4月にソウルでリハーサル中に倒れ、3日後に亡くなった。

音楽について[編集]

ウィーン国立歌劇場には良くロシア物オペラで登場し、チャイコフスキーストラヴィンスキーの「3大バレエ」を得意とした。コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団を指揮して、チャイコフスキーのバレエ音楽全集の録音を残した。

脚注[編集]


先代:
ワシリー・シナイスキー
モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者
1996–1998
次代:
ユーリ・シモノフ
先代:
ペーテル・フェラネツ
ボリショイ劇場音楽監督
1998–2000
次代:
ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー