マルク・アルダーノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マルク・アルダーノフロシア語: Марк Александрович Алданов, Mark Aldanov1889年10月26日 - 1957年2月25日 ニース)は、歴史小説で知られるウクライナ出身の小説家。本名は、マルク・アレクサンドロヴィチ・ランダウMark Alexandrovich Landau)。

キエフで富裕なユダヤ人実業家の家庭に生まれる。キエフ大学で学び、科学に関する調査誌を出版した。1919年フランスに移住し、1922から1924年はベルリン、1941から1946年はニューヨークに住み、1947年からフランスに永住した。

ナボコフイヴァン・ブーニンアレクサンドル・ケレンスキーなどとの往復書簡があり、遺作として出版された。

作品[編集]

  • レーニン(1919) - 最初の本
  • 二つの革命、フランス革命とロシア革命(1920) - 1917年のロシア革命を扱ったもの
  • 思索家(The Thinker) - 四部作。ナポレオン時代のロシアと西欧を描いたもの
    • テルミドール九日の変遷(The Ninth Thermidor、1923)
    • 悪魔の橋(The Devil's Bridge、1925)
    • 陰謀(The Conspiracy、1927)
    • セント・ヘレナ、小さき島(St. Helena: Little Island、1923)

十月革命を扱った三部作

  • 鍵(1930)
  • 脱出(1932)
  • 洞窟(1934-36)
歴史エッセイ
  • 同時代人(1928)
  • ウリムの夜、偶然性の哲学(1953)