マルクス・ホラティウス・バルバトゥス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルクス・ホラティウス・バルバトゥス
Marcus Horatius Barbatus
M. Horatius M.f. L(P).n. Barbatus
出生 不明
死没 不明
出身階級 パトリキ
氏族 ホラティウス氏族
官職 執政官(紀元前449年)
テンプレートを表示

マルクス・ホラティウス・バルバトゥス(Marcus Horatius Barbatus)は、紀元前5世紀共和政ローマの政治家。紀元前449年執政官(コンスル)を務めた。

経歴[編集]

マルクス・ホラティウスはパトリキ(貴族)であるホラティウス氏族のバルバトゥス家の一員である。

紀元前449年、マルクス・ホラティウスは、第二次十人委員会がその権力を手放そうとしないことが分かると[1]ルキウス・ウァレリウス・ポティトゥスと共に、最大の反対者となった[2]

プレブス(平民)出身の著名な軍人、ルキウス・シッキウス・デンタトゥス(en)が十人委員会が送った刺客に暗殺された[3]。さらに十人委員会の中心人物であるアッピウス・クラウディウス・クラッススは、ウェルギニアという若い女性を気に入り、彼女を手に入れるために不条理な裁判を行い、そのため彼女は、娘の貞操を守ろうとした父親によって殺された[4]。これをきっかけにプレブスの反乱が発生し、アウェンティヌスの丘を占拠した。ホラティウスとウァレリウスはプレブスにも人気があったため、元老院の依頼によってモンテ・サクロに赴き、プレブスと交渉して反乱を終結させた[2]

十人委員会は廃止され、委員は逮捕された[2]。同年、マルクス・ホラティウスとルキウス・ウァレリウスは、その年の残りの期間の執政官に選ばれた。両人はウァレリウス=ホラティウス法(en)を成立させた。この法律は3条から構成され、第1条はプレブス民会での決議が、パトリキにも適応されるというものであった。第2条は十人委員会が中断させていた上告権を回復させるものであり、上告権から免除された公式の職位を無くした。第3条は護民官に対する不可侵を定めたものであった[5]。十人委員会の委員の内、アッピウス・クラウディウスとスプリウス・オッピウス・コルニケンは収監中に自殺[6]、他の8人はローマを追放された[7]

他方、この混乱を見てアエクイウォルスキサビニがローマに対して兵を上げた。マルクス・ホラティウスはサビニに対し、ルキウス・ウァレリウスはウォルスキとアエクイに対処することとなった[8]。十人委員会の間に兵の士気が落ちていたにも関わらず、ルキウス・ウァレリウスは勝利した[9]。マルクス・ホラティウスは当初苦戦したものの[10]、最終的にはサビニに勝利した[11]

ローマはこの勝利を喜んだが、元老院凱旋式を認めなかった[12]。しかし、トリブス民会は元老院の意思を無視し、両執政官の凱旋式を認めた[13]。これはローマ史上最初の決定であった。

マルクス・ホラティウスとルキウス・ウァレリウスは、紀元前444年に元執政官の一人として言及されている。第二次プレブスの離反後もプレブスは執政官にはなれなかったが、ティトゥス・クィンクティウス・カピトリヌス・バルバトゥスルキウス・クィンクティウス・キンキナトゥスの提案により、執政官に代わって新しい公職であるトリブヌス・ミリトゥム・コンスラリ・ポテスタテ(執政武官)が設立され、この職にはプレブスも就任できるものとされた[14]

脚注[編集]

  1. ^ ティトゥス・リウィウスローマ建国史』、III, 38.1.
  2. ^ a b c Smith , p. 461.
  3. ^ ティトゥス・リウィウス『ローマ建国史』、III, 43.2-5.
  4. ^ Smith , p. 767.
  5. ^ ティトゥス・リウィウローマ建国史]]』、III, 55.
  6. ^ ティトゥス・リウィウス『ローマ建国史』、III, 58, 6, 9.
  7. ^ ティトゥス・リウィウス『ローマ建国史』、III, 58, 9.
  8. ^ ティトゥス・リウィウス『ローマ建国史』、III, 57, 10.
  9. ^ ティトゥス・リウィウス『ローマ建国史』、III, 60, 2.
  10. ^ ティトゥス・リウィウス『ローマ建国史』、III, 62, 6-9.
  11. ^ ティトゥス・リウィウス『ローマ建国史』、III, 63, 1-4.
  12. ^ ティトゥス・リウィウス『ローマ建国史』、III, 63, 7.
  13. ^ ティトゥス・リウィウス『ローマ建国史』、III, 63, 11.
  14. ^ ティトゥス・リウィウス『ローマ建国史』、III, 64, 7-8.

参考資料[編集]

古代の資料[編集]

現代の研究書[編集]

  • William Smith , Dictionary of Greek and Roman Biography and Mythology , vol. I , Boston, Little, Brown, and Company, 1867.

関連項目[編集]

公職
先代:
十人委員会
執政官
同僚:ルキウス・ウァレリウス・ポティトゥス
紀元前449年
次代:
ラルス・ヘルミニウス・コリティネサヌス
ティトゥス・ウェルギニウス・トリコストゥス・カエリオモンタヌス