マルギタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルギタ

マルギッタ
自治体
位置図
位置図
北緯47度21分00秒 東経22度20分00秒 / 北緯47.35000度 東経22.33333度 / 47.35000; 22.33333座標: 北緯47度21分00秒 東経22度20分00秒 / 北緯47.35000度 東経22.33333度 / 47.35000; 22.33333
 ルーマニア
ビホル県
地位 自治体
行政
 • 市長 ドレル・タルポシュ (民主自由党)
人口
(2002年)
 • 合計 19,000人
等時帯 UTC+2 (EET)
 • 夏時間 UTC+3 (EEST)
ウェブサイト www.marghita.ro/

マルギタルーマニア語: Marghita)は、ルーマニアビホル県に属する都市。ハンガリー語名はマルギッタ(Margitta)。

歴史[編集]

地名は地元の守護聖人である聖マルギトから派生した。1216年に初めてその名が登場する。14世紀から、封建制のもとハンガリー人領主の支配を受けた。

1376年にハンガリー王ラヨシュ1世から市場の設立が認められ、商業の街として発展した。1467年から1514年にかけて、たびたび農民が反乱を起こした。14世紀初頭に現在のビホル県やハンガリーともどもオスマン帝国領となった。

1823年に大火が起こり、街の半分が焼けた。1848年革命後は農民も奴隷同然となり、工業で発展した。第二次世界大戦ではナチス・ドイツによるホロコーストのもと、1944年におよそ2100人のユダヤ人が絶滅、強制、労働収容所に送られた。うち生還したのは450名ほどであった。1947年にはソビエト連邦支配のもとルーマニアにも共産主義が導入され、工場や土地は国営化、工業生産の一翼を担った。

政治[編集]

市議会の定数は17で、2004年の選挙による勢力分野は次の通りである。

人口[編集]

自治体としての人口は1万9000人で、このうち1万7000人がマルギタ市に、1200人がケト村に、800人がゲネチャ村に住む。民族別の人口構成は次の通り。

  • ルーマニア人 - 50%
  • ハンガリー人 - 46%
  • その他(スロヴァキア人やロマ) - 4%