マリー・ボナパルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マリー
Marie Bonaparte
ボナパルト家
Portrait Marie Bonaparte.jpg
全名 Françoise Isabelle Louise Marie d'Orléans
フランソワーズ・イザベル・ルイーズ・マリー
出生 (1882-07-02) 1882年7月2日
フランスの旗 フランス共和国サン=クルー
死去 (1962-09-21) 1962年9月21日(80歳没)
フランスの旗 フランス共和国サントロペ
配偶者 ゲオルギオス・ティス・エラザス
子女 ペトロス
エイゲニア
父親 ロラン・ボナパルト
母親 マリー=フェリックス・ブラン
テンプレートを表示

マリー・ボナパルトフランス語Marie Bonaparte, ギリシャ語Μαρία Βοναπάρτη, 1882年7月2日 - 1962年9月21日)は、フランスの作家・精神分析学者。

生涯[編集]

マリーと長男のペトロス(1916年)

リュシアン・ボナパルトの孫であるロラン・ボナパルトマリー=フェリックス・ブランフランス語版の一人娘として、サン=クルーで生まれた。母マリーは彼女を出産後、塞栓で急死した。父方の祖父ピエール=ナポレオンの素行が原因で、ロランやマリーにはボナパルト家が請求する皇位継承権はなかった。しかし、母マリー=フェリックスが大富豪フランソワ・ブラン(モンテカルロカジノやオテル・ド・パリの経営で知られる)の娘であったことから、莫大な遺産を相続していた。

フランス初の女性精神分析学者で、ジークムント・フロイトとの交流が深く、精神分析学の一般への浸透に一役買った。また、彼女の支援でフロイトはナチス・ドイツ支配下から亡命した。

1907年、ギリシャ王子ゲオルギオスと結婚。ペトロスエイゲニアの2子をもうけた。 一説にゲオルギオスの従弟であるオーエ・ア・ローセンボーと不倫関係にあったとされる。

1953年、イギリス女王エリザベス2世の戴冠式において、ギリシャ王パウロス1世の名代として夫と共に列席した(王配エディンバラ公フィリップはゲオルギオス王子の甥にあたる)。

1962年、白血病のためにサントロペで死去。マルセイユで火葬にされ、遺灰はギリシャ・タトイのゲオルギオス王子の墓に納められた。

著書[編集]

  • 『クロノス・エロス・タナトス―時間・愛・死』佐々木孝次訳、1992年、せりか書房、ISBN 4796700080
  • 『精神分析と文化論』林峻一郎訳、1971年、弘文堂
  • 『女性と性』佐々木孝次訳、1970年、弘文堂