マリー・ガブリエーレ・イン・バイエルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリー・ガブリエーレ・イン・バイエルン
Marie Gabrielle in Bayern
Marie Gabrielle von Bayern.jpg
出生 (1878-10-09) 1878年10月9日
死去 (1912-10-24) 1912年10月24日(34歳没)
埋葬  
バイエルン王国の旗 バイエルン王国ミュンヘンザンクト・カイェタン教会
配偶者 バイエルン王太子ループレヒト
子女 ルイトポルト
イルミンガルト
アルブレヒト
ルドルフ
父親 バイエルン公カール・テオドール
母親 マリア・ヨーゼファ・フォン・ポルトゥガル
テンプレートを表示

マリー・ガブリエーレ・マティルデ・イザベレ・テレーゼ・アントイネッテ・ザビーネ・イン・バイエルンMarie Gabrielle Mathilde Isabelle Therese Antoinette Sabine in Bayern, 1878年10月9日 - 1912年10月24日)は、バイエルン王国の貴族女性。バイエルン女公 (Herzogin in Bayern)。バイエルン王子(のち王太子)ループレヒトの最初の妃である。

生涯[編集]

バイエルン王家の分家筋にあたるバイエルン公爵家の当主で高名な眼科医でもあったバイエルン公カール・テオドールと、ポルトガルの廃王ミゲル1世の娘マリア・ジョゼの間に生まれた。姉にベルギー王アルベール1世の妃エリザベートがいる。

1900年7月10日、本家筋のバイエルン王子ループレヒトと結婚した。ループレヒトはのちにバイエルン王ルートヴィヒ3世となるルートヴィヒ王子の長男であった。結婚後、夫妻はループレヒトが指揮官を務める部隊が駐屯するバイエルンのバンベルクに居を構えた。

夫妻はたびたび旅行を楽しみ、1903年には日本を訪れ、アメリカ合衆国経由で帰国している。日本への旅行は自然科学上の調査旅行であり、夫妻にはミュンヘン大学の高名な教授が1人随行していた。マリー・ガブリエーレは両親と同様に、詩や音楽を楽しむ一方で、科学や自然に対しても強い関心を持っていた。

1912年10月に腎不全で死去。遺骸はミュンヘンザンクト・カイェタン教会に、すでに亡くなっていた彼女自身の子どもたちの遺骸と一緒に安置された。

夫ループレヒトは1921年、マリー・ガブリエーレの従妹であるルクセンブルク大公女アントニアと再婚した。

子女[編集]

  • ルイトポルト(1901年 - 1914年)
  • イルミンガルト(1902年 - 1903年)
  • アルブレヒト(1905年 - 1996年) - バイエルン王家家長
  • ルドルフ(1909年 - 1912年)