マリーリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリーリア
Marília
Marília panorama2.JPG
マリーリアの市旗 マリーリアの市章
市旗 市章
位置
の位置図
座標 : 南緯22度12分50秒 西経49度56分45秒 / 南緯22.21389度 西経49.94583度 / -22.21389; -49.94583
歴史
建設
行政
ブラジルの旗 ブラジル
 地域 南東部
 州 サンパウロ州
 市 マリーリア
地理
面積  
  市域 1,170 km2
標高 660 m
人口
人口 (2015年現在)
  市域 232,006人
    人口密度   200人/km2
その他
等時帯 UTC-3 (UTC-3)
夏時間 UTC-2 (UTC-2)

マリーリア (Marília) は、ブラジルサンパウロ州にある基礎自治体

歴史[編集]

1923年からこの地域の開発が始まった。当初はコーヒーのプランテーションが広がっていた。

1926年にサンパウロから鉄道が引かれた際、駅名をアルファベット順にふっており、この町の駅は「M」で始まる名前にする必要があった。様々な案が出た後、トーマス・アントニオ・ゴンサガの詩集Marília de Dirceuからマリーリアと名付けられた。そして駅名がそのまま町の名前となった。

1928年、マリリアは12月24日の州法第2320号によって地方自治体の地位に上げられた。

最初は、マリーリアの経済はコーヒーのプランテーション栽培に依拠していたが、1930年代半ばに綿花も導入された。サンパウロ州の工業化の拡大に伴い、鉄道と高速道路も建設され、マリーリアとサンパウロ州、およびパラナ州のさまざまな地域とが結ばれた。

1970年代には、食品加工業など新しい企業の進出や大学の設置などにより地域に多くの人々を引き寄せ、商業・産業の拠点として大きく発展した。

マリーリアは今日、この地域に約50の食品関連の企業を持ち、「食品加工の国家資本」として知られている。

スポーツ[編集]

サッカークラブのマリーリアACが本拠地を置いている。

出身者[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]