マリーナ・スクリアビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マリーナ・スクリアビン(Marina Scriabine, 1911年1月30日 モスクワ - 1998年4月28日 コルメイユ=ザン=パリジ)は、フランス作曲家音楽学者。父親はロシアの作曲家・ピアニストアレクサンドル・スクリャービン。母親はタチヤナ・ド・シュレゼール、叔父は作曲家・音楽評論家ボリス・シュリョーツェリ。事故で夭折したジュリアン・スクリャービンは兄である。

1927年よりパリの装飾美術国立高等学校(l'École nationale supérieure des Arts décoratifs)に学ぶかたわら、音楽理論ルネ・レイボヴィッツに師事する。1950年にフランス国営放送局に入社した後、国立科学研究所(Centre national de la recherche scientifique)の主任研究員に転任する。

作曲家としては、《 Suite radiophonique 》やバレエ音楽《 Bayalett 》、室内楽などの作品を残した。

亡父やその作品に関する著作を中心にさまざまな著作を残した。

著作[編集]

  • Problèmes de la musique moderne (現代音楽の問題)
  • Le Langage musical (音楽言語)
  • Le Miroir du temps (時代の鏡)