マリュータ・スクラートフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マリュータ・スクラートフとイヴァン4世

グリゴリー・ルキヤーノヴィチ・スクラートフ=ベリスキーロシア語:Григорий Лукьянович Скуратов-Бельский, ? - 1573年1月1日)は、モスクワ・ロシア秘密警察オプリーチニキ隊の隊長。一般的にはマリュータ・スクラートフ(Малюта Скуратов)の名で知られる。

生涯[編集]

地方の貴族出身だったマリュータ・スクラートフは、ツァーリイヴァン4世のオプリーチニキの中でも優れた行動力を示したため、ツァーリからの彼への信頼はとても厚く、のちにオプリーチニキの部隊が6000人規模になると、彼はその隊長に任命された。

その一方で、オプリーチニキとしての残虐さは変わらず、1569年にはイヴァン4世のいとこで王位請求権を持つとされていたスターリツァ公ウラジーミル・アンドレエヴィチ[1]をはじめとする多数の貴族やモスクワ府主教フィリップ2世[2]ら聖職者を処罰・処刑した。 1571年1月にはノヴゴロドの住人らに反逆の意があるとして、数千人を虐殺したが、この虐殺によってオプリーチニキの活動は下火となり、1572年にオプリーチニキは解散となった。 また、同じく1571年にはロシア軍がデヴレト1世ギレイ英語版率いるクリミア・ハン国に敗れた原因の調査にあたった[3]

1573年リヴォニア戦争に従軍してヴァイセンシュタイン(現在のエストニアパイデ)で戦死。ヴォロコラムスクヨシフ=ヴォロコラムスク修道院にある父の墓の傍らに埋葬された[4]

また、1570年あるいは1571年には、娘のマリヤ・スクラートヴァ=ベリスカヤを、当時まだ無名だったオプリーチニキ隊員ボリス・ゴドゥノフに嫁がせている[4]

ボリスはこの結婚により、のちに政界に進出するきっかけをつかむこととなり、のちにツァーリとなる第一歩を踏み出すこととなった。

脚注[編集]

  1. ^ Генрих Штаден. О Москве Ивана Грозного. М. и С. Сабашниковы. 1925
  2. ^ Florinsky, Michael, T. (1966). “8”. Russia: A History and an Interpretation. 1 (11 ed.). New York: The Macmillan Company. p. 184. 
  3. ^ Заплечных дел мастер Archived 2012-06-12 at the Wayback Machine.
  4. ^ a b Электронная библиотека. Иван Грозный.