マリヤム・ウッザマーニー・ベーグム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリヤム・ウッザマーニー・ベーグム
مریم الزمانی بیگم صاحبہ
ムガル帝国后妃
Jodhbai.jpg
マリヤム・ウッザマーニー・ベーグム
出生 1542年10月1日
アンベール
死去 1623年5月19日
アーグラ
配偶者 アクバル
子女 ジャハーンギール
ダーニヤール
ほか
父親 バール・マル
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

マリヤム・ウッザマーニー・ベーグムウルドゥー語:مریم الزمانی بیگم صاحبہ, Maryam uz-Zamani Begum, 1542年10月1日 - 1623年5月19日)は、北インドムガル帝国の第3代皇帝アクバルの妃。同国第4代皇帝ジャハーンギールの母でもある。ハルカー・バーイー(Harka Bai)、ジョーダー・バーイー(Jodha Bai)、ヒール・クンワーリー(Heer Kunwari)とも呼ばれる。

生涯[編集]

1542年10月1日アンベール王国の君主バール・マルの娘として生まれた。 兄弟にはバグワント・ダースがいる。

1562年、父バール・マルはムガル帝国の皇帝アクバルと同盟を結び、ハルカー・バーイーを盟約の証として皇帝に嫁がせた[1]。 同年2月6日、二人の結婚式はアンベール付近のサーンバルで執り行われた[2]

ハルカー・バーイーはムスリムと結婚したものの、ヒンドゥー教から改宗することはなかった。とはいえ、彼女はムスリム風の「マリヤム・ウッザマーニー」(時代のマリヤ)の称号を名乗った[3]

1569年8月31日、マリヤム・ウッザマーニーはファテープル・シークリーで、アクバルの皇子サリームを出産した[4][5]。これがのちの皇帝ジャハーンギールである。

1572年9月11日、マリヤム・ウッザマーニーは別の皇子ダーニヤールアジュメールで出産した[6]

1605年10月、アクバルが死亡したのちも、マリヤム・ウッザマーニーは皇太后としてジャハーンギールの治世を生きた。

1623年5月19日、マリヤム・ウッザマーニーはアーグラで死亡した[7]。死後、同年から1627年にかけて、マリヤム・ウッザマーニー廟がアクバル廟から1キロの地点に建設された。

脚注[編集]

  1. ^ チャンドラ『近代インドの歴史』、p.252
  2. ^ Delhi 4
  3. ^ Syed Firdaus Ashraf (2008年2月5日). “Did Jodhabai really exist?”. Rediff.com. 2008年2月15日閲覧。
  4. ^ Smith, Vincent Arthur (1919). Akbar the Great Mogul. Oxford, Clarendon Press. p. 102. ISBN 0895634716. 
  5. ^ Delhi 4
  6. ^ Delhi 4
  7. ^ Delhi 4

参考文献[編集]