マリオン・ソープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリオン・シュタイン
Marion Stein

CBE, HonRCM[1]
生誕 マリア・ドナータ・ナネッタ・パウリーナ・グスタファ・エルヴィーナ・ヴィルヘルミーネ・シュタイン
: Maria Donata Nanetta Paulina Gustava Erwina Wilhelmine Stein

1926年10月18日
 オーストリア ウィーン
死没 2014年3月6日(2014-03-06)(87歳)
イギリスの旗 イギリス ノース・デヴォン英語版
別名 マリオン・ヘアウッド (Marion Harewood)
マリオン・ソープ (Marion Thorpe)
職業 コンサート・ピアニスト
配偶者
子供
エルヴィン・シュタイン
ゾフィー・バッハマン[注釈 1]

マリオン・ソープ: Marion Thorpe)の名前で知られるマリア・シュタイン(英: Maria Stein, CBE, HonRCM1926年10月18日 – 2014年3月6日)は、オーストリア生まれでイギリス帰化したコンサート・ピアニスト[2][3]。出生名はマリア・ドナータ・ナネッタ・パウリーナ・グスタファ・エルヴィーナ・ヴィルヘルミーネ・シュタイン (Maria Donata Nanetta Paulina Gustava Erwina Wilhelmine Stein)[2]。結婚前は「マリオン・シュタイン」(Marion Stein) と名乗っており、ジョージ・ラッセルズ (第7代ヘアウッド伯爵)英語版との結婚後は「マリオン・ラッセルズ、ヘアウッド伯爵夫人」(Marion Lascelles, Countess of Harewood) と呼ばれるようになり、ジェレミー・ソープとの再婚後は「マリオン・ソープ」と呼ばれるようになった[2]

経歴[編集]

シュタインは、母ゾフィー・バッハマン、音楽家の父エルヴィーン・シュタインの娘としてオーストリアウィーンで生まれ、ユダヤ人一家で育った[2][3]。彼女は第二次世界大戦直前の1938年に、ナチスの手を逃れる形で両親と渡英した[3][4][5]。彼女は王立音楽大学に通い、作曲家ベンジャミン・ブリテンと親交を深めた[1][5][6][7]

ジョージ・ラッセルズ (第7代ヘアウッド伯爵)英語版との結婚でヘアウッド伯爵夫人となった彼女は、1949年までに、義母であるメアリー王女プリンセス・ロイヤル)からの後援も得て、リーズ北部にあるパッラーディオ建築の巨大な屋敷、ヘアウッド・ハウス英語版の女主人となり、ここでのイベント立案に邁進した[8]。1950年3月には、友人だったブリテンのイングリッシュ・オペラ・グループ英語版の力添えも得て、オペラに着想を得た仮装舞踏会を開催し、バレエファサード英語版』からフレデリック・アシュトンモイラ・シアラーによるタンゴを上演した[8]。1950年9月には、妊娠と共に、ブリテンが演奏するリーズ三年音楽祭 (Leeds Triennial Musical Festival) に彼女が「毎夜参加する計画」(英: "planning to attend every night")だと報じられた[9][10]。1961年にはファニー・ウォーターマンと共にリーズ国際ピアノ・コンクールを立ち上げた[11]。またウォーターマンとは、大成功したピアノ指導書『ピアノ・レッスンズ』(英: Piano Lessons)でも共作している[12]

1973年には、BBC Radio 4英語版の『デザート・アイランド・ディスクス英語版』にゲスト出演したほか[13]、BBCの音楽クイズ番組『フェイス・ザ・ミュージック英語版』のパネリストもしばしば務めた。

私生活[編集]

シュタインは2度結婚したが、結婚相手はどちらも社会的名声の高い人物だった。最初の夫はジョージ・ラッセルズ (第7代ヘアウッド伯爵)英語版[4]オールドバラ音楽祭で出会い、1949年9月29日に結婚した。ヘアウッド卿はプリンセス・ロイヤルだったメアリー王女の息子で、ジョージ5世の孫、エドワード8世ジョージ6世の甥、またエリザベス2世の従兄に当たる。この結婚により彼女は「ヘアウッド伯爵夫人」(Countess of Harewood) となり[3]、夫妻の間には3人の息子が生まれた[2]

1959年までに、夫婦生活にはジョージとヴァイオリニストパトリシア・タックウェル英語版との浮気という深刻な問題が持ち上がった[14]。彼女は離婚を拒んでいたが、タックウェルとの間に伯爵の息子が生まれたことで諦め、1967年に離婚を受け入れた[2]。伯爵の不倫と再婚が元で、彼は社交界から数年追放されただけでなく、王室行事には10年呼ばれなかったほどだった[注釈 2]

その後彼女は、1973年3月14日に庶民院議員自由党党首だったジェレミー・ソープと結婚した[15][16]。ふたりは共通の知人だったモーラ・リンパニーから紹介を受けて出会った[17]。ソープの側も1970年に最初の妻・キャロラインを交通事故で亡くしており[15]、お互い再婚であった。彼女は1970年代遅くに「リンカゲート」(Rinkagate) [注釈 3]とも呼ばれた性的スキャンダル・ソープ事件が発覚してからも、夫ソープの側に立って支援した[18]。1980年代半ばには夫ソープがパーキンソン病を発症し[19]、マリオンも運動障害を抱えるようになったが、自身が衰弱するまでソープの看護を続けた[8]。マリオンは2014年3月6日に亡くなった(87歳没)[2]。夫ソープも同じ年の12月に亡くなっている[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ドイツ語: Sophie Bachmann
  2. ^ このことから、彼はウィンザー公の葬儀やアン王女の結婚式に出席しなかった[3]
  3. ^ 「リンカ」とは、ソープと同性愛関係にあったと訴えたノーマン・スコットが飼っていた犬の名前。ソープが雇ったとされるアンドルー・ニュートンが、スコットを撃ち損なって飼い犬のリンカを射殺したことからスキャンダルが明るみに出た。詳細は「ソープ事件」を参照。

出典[編集]

  1. ^ a b Marion Thorpe CBE HonRCM”. 王立音楽大学 (2014年3月11日). 2017年12月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g John Amis (2014年3月7日). “Marion Thorpe obituary | Politics”. The Guardian. 2014年3月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e Obituary: The Earl of Harewood”. The Telegraph (2011年7月11日). 2013年2月16日閲覧。, 11 July 2011. Accessed 16 February 2013]
  4. ^ a b Reed, Philip; Cooke, Mervyn (2010). Letters from a Life: the Selected Letters of Benjamin Britten, 1913–1976; Vol 5. Boydell Press. p. xlv. ISBN 1-84383-591-6. 
  5. ^ a b Britten 100 - Marion Thorpe and Benjamin Britten: An Intimate Friendship”. BBC Radio 3英語版. 英国放送協会 (2013年11月22日). 2017年12月28日閲覧。
  6. ^ Service, Tom (2013年11月21日). “Britten centenary: Marion Thorpe on her friendship with the composer”. ガーディアン. 2017年12月28日閲覧。
  7. ^ Peter, NDJ (2014年3月9日). “Marion Thorpe, wife of former North Devon MP and Liberal leader Jeremy Thorpe, dies at age 87”. North Devon Journal (バーンステイプル英語版). オリジナル2014年3月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140309124314/http://www.northdevonjournal.co.uk/Marion-Thorpe-wife-North-Devon-MP-Liberal-leader/story-20785499-detail/story.html 2017年12月29日閲覧。 
  8. ^ a b c Marion Thorpe – Obituary”. The Telegraph (2014年3月7日). 2013年9月22日閲覧。
  9. ^ Hoping for a Boy”. Barrier Miner, Broken Hill (1950年9月6日). 2015年9月20日閲覧。 “...the Countess plans to attend every night of the Leeds Triennial Musical Festival...”
  10. ^ Discovering Leeds”. Leeds City Council UK Gov.. 2015年9月23日閲覧。 “Britten had been taking the final rehearsals of his Spring Symphony which he was due to conduct at the 1950 Triennial Festival...”
  11. ^ Cummings, David (2000). International Who's Who in Music: and Musicians' Directory Vol. 1. Routledge. p. 640. ISBN 0-948875-53-4. 
  12. ^ Educational - Marion Thorpe dies, co-author of Waterman-Harewood piano series”. News - Faber Music (2014年3月10日). 2017年12月29日閲覧。
  13. ^ Desert Island Discs, Marion Stein”. BBC Radio 4. 英国放送協会 (1973年12月29日). 2017年12月29日閲覧。
  14. ^ Royal Musings: "Adultery, a child, divorce, remarriage = estrangement from the Royal Family"” (2011年7月12日). 2013年2月16日閲覧。
  15. ^ a b c Howard, Anthony (2014年12月4日). “Jeremy Thorpe obituary”. ガーディアン. 2017年12月29日閲覧。
  16. ^ Jeremy Thorpe - obituary”. デイリー・テレグラフ (2014年12月4日). 2017年12月29日閲覧。
  17. ^ Bloch, Michael (2014). Jeremy Thorpe. London: Little Brown. pp. 352-357. ISBN 978-0-00-257221-7. 
  18. ^ McKinstry, Leo (2009年5月8日). “The downfall of Jeremy Thorpe”. Express. 2013年2月16日閲覧。
  19. ^ Jeremy Thorpe – Former Liberal Party Leader in the UK”. BBC News. 英国放送協会. 2014年3月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年12月29日閲覧。

外部リンク[編集]