マリア・ルイーゼ・フォン・ハノーファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・ルイーゼ
Maria Luise
ハノーファー家
Maria Luísa de Hanôver.jpg
マリア・ルイーゼ(1914年)
全名
出生 1879年10月11日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国グムンデン
死去 1948年1月31日(満68歳没)
ドイツの旗 ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州ザーレム、ザーレム修道院
配偶者 マクシミリアン・フォン・バーデン
子女 マリー・アレクサンドラ
ベルトルト
父親 エルンスト・アウグスト2世
母親 ティーラ
宗教 キリスト教ルーテル教会
テンプレートを表示

マリア・ルイーゼ・フォン・ハノーファー・ウント・クンバーラントドイツ語: Maria Luise von Hannover und Cumberland, 1879年10月11日 - 1948年1月31日)は、バーデン大公家家長マクシミリアン・フォン・バーデンの妻。

生涯[編集]

ハノーファー王太子であったカンバーランド=テヴィオットデイル公エルンスト・アウグスト(2世)とその妃であったデンマーク王女ティーラクリスチャン9世の三女)の間の長女として、グムンデンで生まれた。

1900年7月、バーデン大公子マクシミリアンとグムンデンで結婚。1男1女を儲けた。

マリア・ルイーゼ・フォン・ハノーファー(1900年頃)