マリア・フランシスカ・デ・サレス・ポルトカレッロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリア・フランシスカ・デ・サレス・ポルトカレッロ
María Francisca de Sales Portocarrero
第16代ペニャランダ・ディ・ドゥエロ女公
第9代モンティホ女伯
Francisca Portocarrero Palafox Duquesa de Alba.jpg
アルバ公爵夫人パカ、フェデリコ・デ・マドラゾ画

称号 アルバ公爵夫人
出生 (1825-01-29) 1825年1月29日
スペインの旗 スペイン王国グラナダ
死去 (1860-09-16) 1860年9月16日(35歳没)
フランスの旗 フランス帝国パリ
埋葬 スペインの旗 スペイン王国マドリードサンタ・マリア・ラ・アンティグア修道院英語版
ロエチェス英語版インマクラーダ・コンセプション修道院英語版
配偶者 第15代アルバ公爵ハコポ・フィツ=ハメス・ストゥアルト・イ・ベンティミーリア
子女 カルロス・マリア
マリア・デ・ラ・アスンシオン
マリア・ルイサ
家名 ポルトカレッロ家
父親 第8代モンティホ伯シプリアーノ・パラフォクス・イ・ポルトカレッロ
母親 マリア・マヌエラ・キルクパトリック
テンプレートを表示

マリア・フランシスカ・デ・サレス・パラフォクス・ポルトカレッロ・イ・キルクパトリックMaría Francisca de Sales Palafox Portocarrero y Kirkpatrick, 1825年1月29日 - 1860年9月16日)は、スペインの貴族女性。アルバ公爵夫人。より一般的にはパカ・デ・アルバPaca de Alba)の呼び名で知られた。フランス皇后ウジェニー・ド・モンティジョの姉。

生涯[編集]

モンティホ伯爵シプリアーノ・パラフォクス・イ・ポルトカレッロとその妻マリア・マヌエラ・キルクパトリックの間の長女として生まれた。両親の移住によりフランスで育ち、1839年に父が死ぬとスペインに戻る。母は2人の娘たちを名家に縁付けようと奔走した。アルカニセス侯爵夫人は、自分の息子セスト公爵英語版に姉妹をマドリードの貴族社交界に紹介する役目を担わせたが、その結果、セスト公はパカに恋をした。パカは彼の愛に報いなかったが、2人はパカの結婚後も友人であり続けた。セスト公はパカに近づくため、彼女の妹エウヘニア(ウジェニー)と親しくなったが、エウヘニアがセスト公に恋してしまった。セスト公の本心に気付いたエウヘニアは傷心のあまり、リンを牛乳と一緒に飲んで自殺を図っている。

父の死後にその長女として、第16代ペニャランダ・ディ・ドゥエロ公爵、第10代バルデラバノ侯爵、第17代ビジャヌエバ・デル・フレスノ侯爵、第17代バルカロッタ侯爵、第13代ラ・アルガバ侯爵、第15代ラ・バニェーザ伯爵、第15代ミラージョ侯爵、第14代バルドゥンキージョ侯爵、第9代モンティホ伯爵、第19代ミランダ・デル・カスタニャル伯爵、第8代フエンティドゥエニャ伯爵、第13代カサルビオス・デル・モンテ伯爵、第20代サン・エステバン・デ・ゴルマス伯爵、第18代パラシオス・デ・ラ・バルドゥエルナ子爵の爵位を相続した。1848年2月14日、パカが第15代アルバ公爵ハコポ・フィツ=ハメス・ストゥアルト・イ・ベンティミーリアと結婚すると、彼女のもつ全ての爵位はアルバ公爵家に属するものとなった。公爵夫妻は3人の子女をもうけた。

  • カルロス・マリア・フィツ=ハメス・ストゥアルト・イ・パラフォクス(1849年 - 1901年) - 第16代アルバ公爵
  • マリア・デ・ラ・アスンシオン・フィツ=ハメス・ストゥアルト・イ・パラフォクス(1851年 - 1927年) - 第3代ガリエスト女公爵、第4代タマメス公爵ホセ・メシア・パンド(マドリード市長を務めた)と結婚
  • マリア・ルイサ・フィツ=ハメス・ストゥアルト・イ・パラフォクス(1853年 - 1876年) - 第14代モントーロ女公爵、第14代メディナセリ公爵ルイス・フェルナンデス・デ・コルドバと結婚

パカはマリア・ルイサ王妃勲章英語版の受章者だった。1859年、パカは病にかかり、結核と診断された。が、彼女の症状から、本当の病名は白血病だったと現在では推測されている。妹ウジェニー皇后はパカをマドリードから連れ出してパリで最新医療を受けさせようと、アリカンテに自分の専用ヨットを差し向けた。パカは(娘の病状の重さに気付いていない)母マヌエラと付き添いの医師1名に伴われてパリに到着したものの、治療の甲斐なく翌1860年には亡くなった。葬儀がパリのマドレーヌ教会で執り行われた後、遺骸はマドリードに移送された。マドリードでは、当時同市の市長を務めていた友人セスト公爵の主催により埋葬式が行われ、故人の生前の意思を尊重し、サンタ・マリア・ラ・アンティグア修道院英語版に埋葬された。パカの遺骸はその後、アルバ公爵家の墓所であるロエチェス英語版インマクラーダ・コンセプション修道院英語版に改葬され、現在に至っている。

参考文献[編集]

  • Ana de Sagrera (1990). Una rusa en España: Sofía, duquesa de Sesto. Espasa-Calpe. ISBN 84-239-2236-7.
  • David Baguley, Napoleon III and his regime - an Extravaganza. Louisiana State University Press, 2000. ISBN 0-8071-2624-1.
  • John Bierman, Napoleon III and his Carnival Empire. St. Martin's Press, 1988. ISBN 0-312-01827-4.
  • Colin Carlin, William Kirkpatrick of Malaga, The Grimsay Press, 2011. ISBN 978-1-84530-071-5

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、マリア・フランシスカ・デ・サレス・ポルトカレッロに関するカテゴリがあります。