マリア・フランシスカ・デ・アシス・デ・ブラガンサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリア・フランシスカ・デ・アシス・デ・ブラガンサ
Maria Francisca de Assis de Bragança
Infanta Maria Francisca of Portugal.jpg
称号 モリナ伯妃
出生 (1800-04-22) 1800年4月22日
ポルトガル王国の旗 ポルトガル王国ケルス宮殿
死去 (1834-09-11) 1834年9月11日(34歳没)
イギリスの旗 イギリスハンプシャーゴスポート
配偶者 モリナ伯カルロス
子女 カルロス
フアン
フェルナンド
父親 ポルトガルジョアン6世
母親 カルロッタ・ジョアキナ・デ・ボルボン
テンプレートを表示

マリア・フランシスカ・デ・アシス・デ・ブラガンサMaria Francisca de Assis de Bragança, 1800年4月22日 - 1834年9月11日)は、ポルトガルの王族、ポルトガル王女(Infanta de Portugal)。

生涯[編集]

ポルトガル王ジョアン6世とその妃でスペイン王カルロス4世の娘であるカルロッタ・ジョアキナの間の三女で、スペイン王族のモリナ伯カルロスの最初の妻。全名はマリア・フランシスカ・ダシス・ダ・マテルニダデ・シャヴィエル・デ・パウラ・イ・ダルカンタラ・アントニア・ジョアキナ・ゴンザーガ・カルロタ・モニカ・セニョリーニャ・ソテル・イ・カイア(Maria Francisca d'Assis da Maternidade Xavier de Paula e d'Alcántara Antónia Joaquina Gonzaga Carlota Mónica Senhorinha Soter e Caia de Bragança e Bourbon)。

1816年9月4日、母方の叔父でスペイン王族のモリナ伯爵と結婚し、間に3人の息子をもうけた。モリナ伯はスペイン国内の保守・伝統派勢力によって正統な王位継承者とされ、1833年にはモリナ伯の王位継承を実現させるべくカルリスタ戦争が始まった。1834年に亡命先のイギリスで亡くなった。1838年、モリナ伯はマリア・フランシスカの長姉でスペイン王子ペドロ・カルロスの未亡人であるマリア・テレザと再婚した。

子女[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、マリア・フランシスカ・デ・アシス・デ・ブラガンサに関するカテゴリがあります。