マリア・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランドル伯爵夫人マリー

マリ-・ルイーズ・アレクサンドリーヌ・カロリーヌフランス語: Marie Louise Alexandrine Caroline de Hohenzollern-Sigmaringen, 1845年11月17日 - 1912年11月26日)は、フランドル伯フィリップベルギー国王レオポルド1世と王妃ルイーズ=マリーの三男)の妻。ドイツ語名はマリア・ルイーゼ・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲンMaria Louise von Hohenzollern-Sigmaringen)。

ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯カール・アントンとその妃でバーデン大公カールの娘であるヨゼフィーネの末娘として、ジグマリンゲンで生まれた。

1867年4月25日、ベルリンでフィリップと結婚。5子をもうけた。

1912年、マリーはブリュッセルで死去した。