マリア・デ・ラ・エスペランサ・デ・ボルボン=ドス・シシリアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリア・デ・ラ・エスペランサ・デ・ボルボン=ドス・シシリアス
María de la Esperanza de Borbón-Dos Sicilias
10203092.jpg
8歳頃のマリア・デ・ラ・エスペランサ王女、最初の聖体拝領の日、1922年。
称号 スペイン王女(Infanta de España)
出生 (1914-06-14) 1914年6月14日
スペインの旗 スペイン王国マドリード
死去 (2005-08-08) 2005年8月8日(91歳没)
スペインの旗 スペインビリャマンリケ・デ・ラ・コンデーサ
配偶者 ペドロ・ガスタン・デ・オルレアンス・エ・ブラガンサ
子女 一覧参照
父親 カラブリア公カルロ・タンクレーディ
母親 ルイーズ・ドルレアン
テンプレートを表示

マリア・デ・ラ・エスペランサ・デ・ボルボン=ドス・シシリアス・イ・オルレアンスDoña María de la Esperanza de Borbón-Dos Sicilias y Orleans, 1914年6月14日 - 2005年8月8日)は、スペインの王族、スペイン王女(Infanta de España)。ペトロポリス系ブラジル帝位請求者ペドロ・ガスタンの妻。スペイン王フアン・カルロス1世の母方の叔母にあたる。全名はマリア・デ・ラ・エスペランサ・アマリア・ラニエラ・マリア・デル・ロシオ・ルイサ・ゴンサガ(Maria de la Esperanza Amália Raniera María del Rocío Luiza Gonzaga de Borbón y Orléans)。

生涯[編集]

両シチリア王家出身のカラブリア公カルロ・タンクレーディとその2番目の妻でフランスのオルレアニスト王位請求者パリ伯フィリップの娘であるルイーズ・ドルレアンの間の末娘として生まれた。父親が先妻のスペイン王女マリア・デ・ラス・メルセデスとの結婚を通じてスペイン王室の一員となっていたため、マリア・デ・ラ・エスペランサとその同母兄姉はスペイン王アルフォンソ13世の特旨により、スペイン王子・王女の称号を授けられた。

1944年12月18日にセビーリャにおいて、ペトロポリス系ブラジル皇帝家家長のペドロ・ガスタンと結婚し、名目上のブラジル皇后となった。夫妻の間には6人の子女が生まれた。2005年に母国スペインのビリャマンリケ・デ・ラ・コンデーサで死去した。

子女[編集]

  • ペドロ・カルルシュ(1945年 - ) - ペトロポリス系ブラジル皇帝家家長 
  • マリア・ダ・グロリア(1946年 - ) - 1972年にユーゴスラビア元王太子アレクサンダルと結婚(1985年離婚)、1985年にセゴルベ公イニャシオ・デ・メディナ・イ・フェルナンデス・デ・コルドバと再婚
  • アフォンソ・ドゥアルテ(1948年 - )
  • マヌエル・アルヴァロ(1949年 - )
  • マリア・クリスティーナ(1950年 - )
  • フランシスコ・ウンベルト(1956年 - )

外部リンク[編集]