マリア・チビテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はチビテ第二姓(母方の)はナバスクエスです。
マリア・チビテ
María Chivite
La candidata del PSN a la presidencia del Gobierno de Navarra, María Chivite (cropped).jpg
生年月日 (1978-06-05) 1978年6月5日(41歳)
出生地 スペインの旗 スペインナバーラ県シントゥルエニゴ英語版
出身校 ナバーラ州立大学
所属政党 スペイン社会労働党(PSOE)

在任期間 2011年12月13日 - 2015年6月16日

Bandera de Navarra.svg ナバーラ州議会議員
在任期間 2015年6月17日 - 現職

在任期間 2019年8月6日 - 現職
テンプレートを表示

マリア・ビクトリア・チビテ・ナバスクエススペイン語: María Victoria Chivite Navascués1978年6月5日 - )は、スペインナバーラ県シントゥルエニゴ英語版出身の政治家スペイン社会労働党(PSOE)の地域支部であるナバーラ社会党(PSN)所属。2011年から2015年までスペイン下院議員を務めた。2014年からナバーラ社会党党首を、2019年からナバーラ州首相を務めている。

経歴[編集]

1978年6月5日、ナバーラ県トゥデラ近郊にあるシントゥルエニゴ英語版に生まれた[1]ナバーラ州立大学で社会学を専攻して卒業した[2]スペイン社会労働党(PSOE)の青年組織であるスペイン社会主義青年団のメンバーでもあった。2003年から2007年まではシントゥルエニゴの自治体議会議員を務め、2011年から2013年まではバリェ・デ・エグエス/エグエシバルの自治体議会議員を務めた。2007年から2015年まではナバーラ州議会議員も務めた[3]

2011年にはスペイン上院議員に当選し、2014年には上院におけるスペイン社会労働党のスポークスパーソンに就任した[2]。2014年12月13日にはナバーラ社会党の党首に就任した[4]。2015年のナバーラ州議会議員選挙ではナバーラ社会党の筆頭候補(州首相候補)として臨んだが、この際はバスク民族主義党などで構成されるゲロア・バイウシュエ・バルコスが州首相に選出されている。

2019年のナバーラ州議会議員選挙では再びナバーラ社会党の筆頭候補として臨み、ナバーラ社会党はナバーラ住民連合などで構成されるナバーラ・スマ英語版に次いで第2位の議席数を得た。ナバーラ社会党の議席数は50議席中11議席に過ぎなかったが、首相指名投票ではゲロア・バイ、ポデモスイスキエルダ=エスケラ英語版の協力を得た[5]。2019年8月2日にはチビテが首相指名投票で州首相に選出され、8月6日に州首相に就任した[6]

脚注[編集]

  1. ^ Irisarri, Andoni. “Si es con mi programa, me da igual quién me haga presidenta;no se pueden rechazar los votos”. ノティシアス・デ・ギプスコア. 2019年9月28日閲覧。
  2. ^ a b Ojer, Pablo (2014年9月9日). “María Chivite, una vida dedicada al socialismo”. ABC. 2019年9月28日閲覧。
  3. ^ María Chivite Navascués”. ナバーラ社会党. 2019年9月28日閲覧。
  4. ^ La senadora María Chivite, elegida secretaria general del PSN-PSOE”. エコディアリオ (2014年12月13日). 2019年9月28日閲覧。
  5. ^ Ormazanal, Mikel (2019年8月2日). “La socialista María Chivite, investida presidenta de Navarra”. 2019年9月28日閲覧。
  6. ^ María Chivite toma posesión como presidenta del Gobierno de Navarra”. エル・ディアリオ (2019年8月6日). 2019年9月28日閲覧。

外部リンク[編集]


公職
先代:
ウシュエ・バルコス
ナバーラ州首相
2019年-
次代:
現職