マリア・エレナ・ボスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリア・エレナ・ボスキ
Maria Elena Boschi
Maria Elena Boschi - Festival Economia 2016.jpg
トレントでの式典に参加するエレナ・ボスキ(2016年)
生年月日 (1981-01-24) 1981年1月24日(39歳)
出生地 イタリアの旗 イタリアトスカーナ州アレッツォ県モンテヴァルキ
所属政党 民主党(2012-)

イタリアの旗 首相府次官
内閣 ジェンティローニ内閣
当選回数 1回
在任期間 2016年12月12日 - 2018年6月1日

イタリアの旗 無任所相(憲法改正・議会関係担当)
内閣 レンツィ内閣
在任期間 2014年2月22日 - 2016年12月12日
テンプレートを表示

マリア・エレナ・ボスキイタリア語: Maria Elena Boschi1981年1月24日 - )は、イタリア政治家下院議員。これまでに無任所大臣(憲法改正・議会関係担当)、首相府次官を務めた。

沿革[編集]

トスカーナ州アレッツォ県モンテヴァルキ出身。大学法学部会社法を専攻[1]

2012年、民主党の書記長選挙に立候補したマッテオ・レンツィの選対スタッフとして参画した。レンツィは決選投票に進むも、ピエル・ルイジ・ベルサーニに敗北。その後、ボスキは民主党のフィレンツェ支部の執行部に登用される[2][3]

2013年のイタリア総選挙でトスカーナ州選挙区から民主党公認で出馬、初当選する。同年、レンツィが党書記長選挙に出馬し当選、ボスキも党改革の責任者として執行部入りする。

2014年、レンツィ内閣の発足に伴い、無任所相として33歳の若さで初入閣。2016年12月に発足したジェンティローニ内閣では首相府次官を務め、2018年6月1日の内閣総辞職とともに退任した。

人物[編集]

マッテオ・レンツィの側近として頭角を表す。

脚注[編集]

外部リンク[編集]