マリア・アントニア・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイエルン選帝侯妃マリア・アントニア

マリア・アントニア・フォン・エスターライヒ(Maria Antonia von Österreich, 1669年1月18日 - 1692年12月24日)は、バイエルン選帝侯マクシミリアン2世エマヌエルの最初の妃。神聖ローマ皇帝レオポルト1世と最初の皇后マルガリータ・テレサの娘として、ウィーンで生まれた。神聖ローマ皇帝ヨーゼフ1世カール6世の異母姉に当たる。

ハプスブルク家同士の血族結婚のためか、母マルガリータは若死にし、マリア・アントニア以外の子供たちも育たなかった。1685年、マクシミリアン2世と結婚。1689年に生んだレオポルト・フェルディナント、1690年に生んだアントンは生後1ヶ月で亡くなり、1692年生まれの第3子ヨーゼフ・フェルディナントも6歳で早世した。マリア・アントニアは、ヨーゼフ・フェルディナント出産後、ウィーンで急逝した。

死後、ヨーゼフ・フェルディナントはスペイン王位継承者(アストゥリアス公)に選ばれたが、1699年に早世した。これをきっかけとして、スペイン継承戦争フェリペ5世(マクシミリアン2世の甥)と異母弟カール大公(後のカール6世)が王位を巡って戦った。