マリア・アントニア・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マリア・アントニア・フォン・エスターライヒ
Maria Antonia von Österreich
バイエルン選帝侯
Benjamin von Block 002.jpg
在位 1685年7月15日 - 1692年12月24日

出生 1669年1月18日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
オーストリアの旗 オーストリア大公国ウィーンホーフブルク宮殿
死去 (1692-12-24) 1692年12月24日(23歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
オーストリアの旗 オーストリア大公国ウィーンホーフブルク宮殿
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
オーストリアの旗 オーストリア大公国ウィーンカプツィーナー納骨堂
配偶者 バイエルン選帝侯マクシミリアン2世エマヌエル
子女 レオポルト・フェルディナント
アントン
ヨーゼフ・フェルディナント
家名 ハプスブルク家
父親 神聖ローマ皇帝レオポルト1世
母親 マルガリータ・テレサ・デ・エスパーニャ
テンプレートを表示

マリア・アントニア・フォン・エスターライヒ(Maria Antonia von Österreich, 1669年1月18日 - 1692年12月24日)は、バイエルン選帝侯マクシミリアン2世エマヌエルの最初の妃。神聖ローマ皇帝レオポルト1世と最初の皇后マルガリータ・テレサの娘として、ウィーンで生まれた。神聖ローマ皇帝ヨーゼフ1世カール6世の異母姉に当たる。

生涯[編集]

母マルガリータ・テレサは早世し、マリア・アントニア以外のきょうだいも成人しなかった。

1685年、マクシミリアン2世と結婚。1689年に生んだレオポルト・フェルディナント、1690年に生んだアントンは生後1か月で亡くなった。

第3子ヨーゼフ・フェルディナント出産後、約2か月を経てマリア・アントニアはウィーンで急逝した。

死後、ヨーゼフ・フェルディナントは選ばれたが、1699年に6歳で早世した。

マリア・アントニアの叔父である、スペイン・ハプスブルク家最後の王カルロス2世は、先天的に虚弱で子孫が望めず、各国は一度はヨーゼフ・フェルディナントをスペイン王位継承者(アストゥリアス公)にすることで合意した。しかし、1692年にヨーゼフ・フェルディナントが6歳で早世してしまう。

以降フランスも積極的に介入し、フェリペ5世(マクシミリアン2世の甥)と、異母弟カール大公(後の皇帝カール6世)が王位を巡って戦った(スペイン継承戦争)。