マリア・アメリア・デ・ブラガンサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリア・アメリア
Maria Amélia
Maria Amelia of Braganza.jpg
全名 マリア・アメリア・アウグスタ・エウジェニア・ジョゼフィナ・ルイザ・テオドリンダ・エロイーザ・フランシスカ・クサヴィエ・デ・パウラ・ミカエラ・ガブリエラ・ラファエラ・ゴンザガ・デ・ブラガンサ
Maria Amélia Augusta Eugénia Josefina Luísa Teodolinda Heloísa Francisca Xavier de Paula Micaela Gabriela Rafaela Gonzaga de Bragança
身位 ブラジル帝国皇女
敬称 Sua Alteza Imperial(殿下)
出生 (1831-12-01) 1831年12月1日
Flag of France.svg フランスパリ
死去 (1853-02-04) 1853年2月4日(満21歳没)
Flag Portugal (1830).svg ポルトガルフンシャル
父親 ペドロ1世 (ブラジル皇帝)
母親 アメリー・ド・ボアルネ
サイン Princess maria amelia of brazil signature.png
テンプレートを表示

マリア・アメリア・デ・ブラガンサMaria Amélia de Bragança, 1831年12月1日 - 1853年2月4日)は、ブラジル皇帝ペドロ1世の皇女。ブラジル皇女(princesa do Brasil)の称号を持っていた(ポルトガル王女の称号は持っていない)。

生涯[編集]

ペドロ1世と2度目の皇后アメリー・ド・ボアルネ(ナポレオン1世后ジョゼフィーヌの孫)の一人娘として、パリで生まれた。出生当時、父はその弟ミゲルとポルトガル王位を巡って戦争状態にあった。

1834年、父は内戦に勝利し、王権を娘マリア2世(マリア・アメリアの異母姉)の手に取り戻した。しかしその年のうちにペドロは結核で急死し、翌年にはマリア女王と結婚していた母方の叔父、ロイヒテンベルク公アウグストも病死した。

1852年2月、猩紅熱を患う。同年初夏、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフの次弟マクシミリアン(後メキシコ皇帝)の地中海巡幸の折、マクシミリアンと再会して恋に落ち婚約する[1]。母ゾフィー大公妃が賛同したため、フランツ・ヨーゼフ帝も婚約を許可し、この婚約は1853年初頭にも発表される予定だった。

しかし、8月にマリア・アメリアは、マデイラ諸島フンシャルで静養し、翌1853年2月肺結核のため21歳の若さで病死した。遺体は聖アントニオ修道院に葬られた。

参考文献[編集]

脚注[編集]