マリアンナ・マディーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マリアンナ・マディーア
Marianna Madia
Marianna Madia daticamera 2013.jpg
生年月日 (1980-09-05) 1980年9月5日(42歳)
出生地 イタリアの旗 ローマ
出身校 ローマ・ラ・サピエンツァ大学
IMT Institute for Advanced Studies Lucca
所属政党 民主党

イタリアの旗 無任所大臣(行政・簡素化担当)
内閣 レンツィ内閣
ジェンティローニ内閣
在任期間 2014年2月21日 - 2018年6月1日

在任期間 2013年3月15日 -
在任期間 2008年4月29日 - 2013年3月15日
テンプレートを表示
レンツィ内閣の発足に伴いナポリターノ大統領(当時)と握手を交わすマリアンナ

マリア・アンナ・マディーアイタリア語: Maria Anna Madia通称: Marianna Madia、1980年9月5日 - )は、イタリアの政治家[1]下院議員(2期目)[2]。所属政党は民主党[2]

2014年2月21日レンツィ内閣発足に伴い、無任所大臣(行政・簡素化担当)[3]として閣内入りした[4][5]。2016年12月12日発足のジェンティローニ内閣でも留任。2018年6月1日にジェンティローニ内閣の終了とともに退任した。

人物[編集]

ローマ・ラ・サピエンツァ大学政治経済を学び、政治学学士号および労働経済学博士号を取得した[1][2]

2013年6月11日テレビプロデューサーおよび映画監督のマリオ・ジャンニと同年6月9日に結婚していたことが報道された[6]。翌年の2014年4月8日、フランチェスコとマルゲリータという2人の子供を出産した[7]。なお、自身が信仰しているカトリックを理由に、イタリアの法律において合法である妊娠中絶に反対している[8]

経歴[編集]

2008年2月、所属政党である民主党の党首ワルテル・ヴェルトローニから、2008年イタリア総選挙下院候補に選ばれ出馬、初当選した[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b Biografia di Maria Anna Madia”. イタリア政府. 2015年9月21日閲覧。
  2. ^ a b c MADIA Maria Anna - PD”. イタリア下院. 2015年9月21日閲覧。
  3. ^ 概況|イタリア”. 日本貿易振興機構 (2015年2月6日). 2015年9月21日閲覧。
  4. ^ “Italy's PM-designate Matteo Renzi names new cabinet”. BBC. (2014年2月21日). http://www.bbc.com/news/world-europe-26298038 2015年9月21日閲覧。 
  5. ^ a b Fabrizio Roncone (2008年3月1日). “Vada per carina, raccomandata no”. コリエーレ・デラ・セラ. http://www.corriere.it/politica/08_marzo_01/madia_roncone_c3a5a88c-e769-11dc-9342-0003ba99c667.shtml 2015年9月21日閲覧。 
  6. ^ “IERI MATRIMONIO SEGRETISSIMO TRA LA DEPUTATA PIDDINA MARIANNA MADIA E IL PADRE DI SUO FIGLIO, IL PRODUTTORE MARIO GIANANI”. Dagospia. (2013年6月11日). http://www.dagospia.com/rubrica-2/media_e_tv/ieri-matrimonio-segretissimo-deputata-piddina-marianna-madia-57481.htm 2015年9月21日閲覧。 
  7. ^ “La Madia ha partorito una bambina”. コリエーレ・デラ・セラ. (2014年4月10日). http://www.corriere.it/politica/14_aprile_08/madia-ha-partorito-bambina-4fc012ee-bf04-11e3-9575-baed47a7b816.shtml 2015年9月21日閲覧。 
  8. ^ Piero Vietti (2008年3月27日). “Il no all’aborto e all’eutanasia e il sì alla famiglia naturale di Marianna Madia”. Il Foglio. http://www.ilfoglio.it/articoli/2008/03/27/il-no-allaborto-e-alleutanasia-e-il-si-alla-famiglia-naturale-di-marianna-madia___1-v-117297-rubriche_c204.htm 2015年9月21日閲覧。 

外部リンク[編集]