マラガ (ワイン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マラガ産ワイン

マラガ (スペイン語: Malaga) は、スペインの都市マラガに起源をもつ甘口酒精強化ワイン。白ブドウ品種のペドロ・ヒメネススペイン語版種とモスカテル(マスカット)種から生産される。マラガ・ワインとも。

産地[編集]

マラガ・ワインの生産の中心はアルミハラ山脈スペイン語版山麓であり、アンテケーラ、アルチドーナ、サン・ペドロ・アルカンタラ、ベレス・マラガ、コンペータ、フリヒリアーナなどの自治体である。マラガ市の旧市街にはマラガ・ワイン博物館(Museo del Vino-Málaga)がある。

歴史[編集]

マラガとその周辺の山々でのワイン生産の歴史はヨーロッパでもっとも古い部類に入る。デザートワインの生産で知られる世界の他産地同様に、時代の趨勢がスティルワインに移った20世紀にはマラガ・ワインの需要が劇的に落ち込み、消滅の危機にさえ瀕していた。しかし、近年には消費者の甘口ワインへの関心が盛り返し、マラガ・ワインは世界のワイン業界での立ち位置を見つけている。

品種[編集]

この地域では黒白問わず多くの品種が栽培されているが、デザートワインに使用されるのは白のペドロ・ヒメネススペイン語版種とモスカテル(マスカット)種のみである[1]

脚注[編集]

  1. ^ Museo del Vino-Málaga マラガ・ワイン博物館

関連項目[編集]

外部リンク[編集]