マサ子さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マユタンから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
マサ子さん
Masakosan
左がマユタン・右がサブリナ
基本情報
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル ニュー・ウェイヴ
活動期間 1986年 - 1994年
レーベル ナゴムレコード
共同作業者 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
公式サイト マサ子さん ナゴムコレクション
メンバー マユタン(Vo)
サブリナ(Vo)
ウイカ(b)
カナン(大正琴)
ケビ山りよ子(Dr)
田中ケムマキ(Key)

マサ子さん(まさこさん)はかつて活動していた日本ガールズバンドナゴムレコード所属。

来歴[編集]

いわゆるナゴムギャルであったマユタンと姉のサブリナの姉妹ボーカルユニットとして1986年5月に結成[1]1989年より6人組のガールズバンド編成に移行。弦楽器ギターではなく大正琴を取り入れ、ニュー・ウェイヴ系でありながら電波系にも通じる脱力した歌詞・楽曲などが、異彩を放つ独特のセンスと世界観を持っていた。なおメンバーに「マサ子」はおらず、バンド名は「マユタン」と「サブリナ」の頭文字から取られている。リーダーはぬいぐるみのみんちん[2]

TBSテレビ深夜番組三宅裕司のいかすバンド天国』(イカ天)(1989年5月27日放送)に「雨にヌレテモいーや」で初登場。バート・バカラックの「雨にぬれても」に日本語詞・アレンジをほどこしたカバー曲であり、メインボーカルのマユタンが歌う「ヘンな日だなぁ~」というフレーズが笑いを取り、審査員には「この完璧な危なさ、いいね~」と評された。番組内では「ヘンテコガールズバンド」「不思議少女系バンド」「危ない少女系バンド」とも紹介された。1990年1月2日放映の「輝く!日本イカ天大賞」ではベスト・コンセプト賞を受賞。後の関連イベントにも度々出演した。

イカ天終了後は正式に解散しないまま1991年にバンド活動を終了。以降は再びサブリナとマユタンの姉妹ユニットとしてやライブイベントやナレーションなどを手掛けるが、サブリナの死去により1994年に活動休止。

その後もマユタンは新たに音楽活動や漫画家岡崎京子のアシスタント、NHK教育テレビうたってオドロンパ』への楽曲提供、アニメ学校のコワイうわさ 花子さんがきた!!』の声優(花子さん役)など様々な分野でマルチな活動を続けている。また、原平真貴雄(原平マキオ)の名義で、渋谷パルコフリーペーパーGOMES』主催のGOMES漫画グランプリで大賞(グランプリ)を受賞している。

メンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

リリース タイトル 規格 レーベル 収録曲
1989年 つちのこ男爵 CD
アルバム
IKA-TEN
1990年 ムウ=ミサ EP
マキシシングル
ナゴムカンパニー
1993年 MONKEYS WAX CD
アルバム
自主制作盤
2005年8月24日 マサ子さん ナゴムコレクション CD
ベストアルバム
ナゴムレコード

参考文献[編集]

二ノ宮知子『平成よっぱらい研究所』(祥伝社、1996)

脚注[編集]

  1. ^ イカ天25周年イベント(2013/02/10)
  2. ^ マサ子さんVo・サブリナ没後25年回顧イベント『SABRINA, FOREVER』 LivePocket-Ticket(2020.9.28Lastaccess)
  3. ^ 「イカ天」の「ロックロックこんにちわ」というコーナーで、美大生として画商でチューブ絵の具を買っているシーンが放映されたこともある
  4. ^ まゆたんのツイート 2016年7月21日
  5. ^ まゆたんのツイート 2019年4月8日
  6. ^ マサ子さんVo・サブリナ没後25年回顧イベント『SABRINA, FOREVER』 LivePocket-Ticket(2020.9.28Lastaccess)
  7. ^ 伝説の番組『いかすバンド天国』オンエア30年目に聞いた「イカ天に出て人生どう変わりました?」メシ通(2018.8.29)2020.9.30Lastaccess
  8. ^ 『平成よっぱらい研究所』、p.59

関連項目[編集]

外部リンク[編集]