ママン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『ママン』
Giant spider strikes again!.jpg
オタワカナダ国立美術館にあるブロンズ像
作者 ルイーズ・ブルジョワ
製作年 1999年 (1999)
種類 彫刻
素材 ステンレス、 青銅、 大理石
寸法 9271 x 8915 x 10236 mm
同じ作者による似た彫刻と混同しないでください: Spider or Crouching Spider
「Spider」アルツイド英語版2019

Maman (1999) はルイーズ・ブルジョワによるステンレス青銅大理石製のインスタレーション彫刻作品である。この蜘蛛をかたどった彫刻は、高さ30フィート、幅33フィート(927 x 891 x 1024 cm)を超える[1]。 32個の大理石の卵が入った袋があり、その腹部と胸部は青銅でできている。

題名のママンは「母」を意味するフランス語。この彫刻は1999年にブルジョワの「The Unilever Series」の年次委員会就任に伴って制作された[1]。 最初の作品はスチールで制作され、その後にブロンズで鋳造したものが6つある [2]

哲学と意味[編集]

お腹の袋に入った大理石で出来た卵
チューリッヒ湖汽船会社英語版2011

この彫刻は、1947年にブルジョワが最初に小さなインクと木炭で描いたクモのテーマを取り上げ、1996年制作のSpiderに続いている[3] 。蜘蛛は紡績、織り、養育、保護の全てを持つブルジョワの母親の強さを暗示している[4]。彼女の母親、ジョセフィーヌと父親ルイは、パリでタペストリーの修理をする工房を経営していた[3] 。ルイーズが21歳の時、母親を謎の病によって亡くす。母の死の数日後、彼女の悲しみを深刻に捉えなかった父の目前でルイーズはビエーブル川に身を投げ自殺を図ったが、父によって救護され、一命をとりとめた[5]

The Spider is an ode to my mother. She was my best friend. Like a spider, my mother was a weaver. My family was in the business of tapestry restoration, and my mother was in charge of the workshop. Like spiders, my mother was very clever. Spiders are friendly presences that eat mosquitoes. We know that mosquitoes spread diseases and are therefore unwanted. So, spiders are helpful and protective, just like my mother.
Louise Bourgeois[4]

展示場所[編集]

制作されたうちいくつかは常設展示されている:

  • テート・モダン(イギリス) – 2008年のこの彫刻の恒久的な取得は、Tate Mordernの歴史的瞬間の1つと考えられている。 「ママン」は最初にタービンホールで展示され、その後2000年にギャラリーの外で展示された。展示は驚きと楽しさの混合した反応で受け取られた。テート・モダンが所有する彫刻は、唯一ステンレス鋼で作られたものである。[4]
  • カナダ国立美術館(オタワ,カナダ) – 2005年に320万ドルでこの彫刻を取得した。当時、ギャラリーの年間予算の約3分の1を費やしていたため、一部の批評家は価格が高すぎると批判した。[6]
  • ビルバオ・グッゲンハイム美術館(スペイン)[7]
  • 森美術館六本木ヒルズ森タワー広場(東京,日本)[8] –博物館外に展示されている。[9]

一時的な展示場所[編集]

ツアーでの展示場所:

もっと見る[編集]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Maman”. Collections. The National Gallery of Canada. 2014年1月18日閲覧。
  2. ^ Manchester, Elizabeth (2009年12月). “Summary”. Louise Bourgeois : Maman 1999. Tate, London. 2014年1月18日閲覧。
  3. ^ a b Louise Bourgeois, Spider (1996) Christie's Post-War Contemporary Evening Sale, 8 November 2011, New York.
  4. ^ a b c Tate acquires Louise Bourgeois's giant spider, Maman”. Tate. 2008年1月11日閲覧。
  5. ^ Louise Bourgeois, 5 March – 2 June 2008 Centre Pompidou, Paris.
  6. ^ Home To Maman: getting to know the mother of all sculptures in the Ottawa landscape
  7. ^ Beaven, Kirstie. “Louise Bourgeois: Maman Work of the Week, 1 June 2010”. Tate, London. 2014年1月18日閲覧。
  8. ^ Martin, Amy. “Louise Bourgeois and Her Most Famous Piece: Maman”. Art History. Answers Corporation. 2014年1月22日閲覧。
  9. ^ Richmond, Simon; Dodd, Jan (2011). “Roppongi Hills”. The Rough Guide to Japan (5th ed.). London: Rough Guides. p. 223. ISBN 1405389265. https://books.google.com/books?id=V-guH1q__1wC&pg=PT223&lpg=PT223#v=onepage&q&f=false 
  10. ^ Maman”. Collection. Leeum. 2014年1月18日閲覧。
  11. ^ Crystal Bridges Museum of American Art announces the acquisition of four key artworks by acclaimed American artist Louise Bourgeois | Crystal Bridges Museum of American Art” (英語). crystalbridges.org. 2017年1月21日閲覧。
  12. ^ Maman by Louise Bourgeois” (英語). Qatar Museums. 2017年3月4日閲覧。
  13. ^ [1]. 14 June 2018.
  14. ^ a b c d Louise Bourgeois's Sculpture "Maman" on Tour Prior to Major Exhibition at Fondation Beyeler”. artdaily.org. 2014年1月18日閲覧。
  15. ^ a b de Arteaga, Alicia (13 February 2011). "Una araña gigante en La Boca". La Nación. Retrieved 18 February 2011.
  16. ^ Louise Bourgeois Solo Show to Open in Qatar
  17. ^ Louise Bourgeois: Conscious and Unconscious Archived 2 February 2014 at the Wayback Machine.

外部リンク[編集]