マフムード・ジブリール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リビアの旗 リビアの政治家
マフムード・ジブリール
محمود جبريل
Mahmoud Jibril - World Economic Forum Special Meeting on Economic Growth and Job Creation in the Arab World cropped GNC.png
マフムード・ジブリール(2011年8月26日撮影)
生年月日 1952年5月28日
出生地 リビア、ベンガジ
出身校 カイロ大学ピッツバーグ大学
所属政党 国民勢力連合
称号 博士(政治学)

任期 2011年3月23日 - 2011年10月23日
リビア国民評議会議長 ムスタファ・アブドルジャリル

任期 2011年3月5日 - 2011年10月23日
リビア国民評議会議長 ムスタファ・アブドルジャリル

任期 2007年 - 2011年
革命指導者 ムアンマル・アル=カッザーフィー(カダフィ大佐)
テンプレートを表示

マフムード・ジブリールアラビア語: محمود جبريل‎、Mahmoud Jibril(またはJabril、Jebril、Gebril)、1952年[1] - )は、リビア政治家2011年リビア内戦においてカッザーフィー政権と戦ったリビア国民評議会では執行委員会(幹部会)委員長[2]、国際担当責任者[3]を務め、それぞれ暫定政府の首相[4][5]、外務大臣に相当する。現在、国民勢力連合党首。

経歴[編集]

1975年カイロ大学を卒業した。同大学では政治学経済学を修めた[1]。その後、アメリカピッツバーグ大学に留学し、1980年政治学で修士号を、1985年に政治学博士号をそれぞれ取得している[6]。ジブリールはその後、数年間にわたってピッツバーグ大学で教壇に立ち、戦略的計画、政策意思決定に関して10冊の著作を著した。その中には『アメリカの対リビア政策 イメージとイデオロギー 1969年から1982年』(Imagery and Ideology in U.S. Policy Toward Libya, 1969–1982[1]がある。

ジブリールはアラブ研究チームを体系化し指導した。1987年1988年の両年には、最初のアラブ世界研究大会を開催し、大会の運営に当たった。また、バーレーンエジプトヨルダンクウェートリビアモロッコサウジアラビアチュニジアアラブ首長国連邦のアラブ諸国、トルコイギリスで上級管理者のための教育プログラムを管理運営した[7]

2007年から2011年初旬まで、カダフィ政権の下で国家経済開発委員会議長[8] を務めリビア経済の自由化と民営化を推進した[9]

リビア国民評議会[編集]

マフムード・ジブリール(2011年5月28日撮影)

リビア内戦反カダフィ勢力によってリビア国民評議会が組織されると、カダフィ政権から離反し、国民評議会に参加した。2011年3月23日、暫定内閣として同評議会内に執行委員会(幹部会)が設置されると、委員長に選出され、事実上の暫定首相に就任した[10]。暫定首相として、ニコラ・サルコジフランス大統領と会談しリビア国民評議会をリビアを代表する唯一の正統政府に承認させるよう交渉し、成功した。またウィリアム・ヘイグ英外相ジーン・クレッツ英語版駐リビア米国大使と会談し、交渉の結果、米英両国の国民評議会に対する公式支持で一致した[11]

国民評議会執行委員長に就任してからのジブリールは、対外的には公式に暫定首相[12]、執行委員会(幹部会)委員長[13]と国民評議会のホームページによって発表されている[2]。また、国民評議会内では最上級の外交官として、非公式な職名ではあるが、国民評議会の外相としても認知されている[14][15]アルジャジーラ英語版は、国民評議会の「参謀総長」と報道した[16]

国際社会からの国民評議会の承認が広がる中で、7月28日に国民評議会の司令官暗殺され、カダフィ側によるものとも、内部対立によるものとも言われた[17]。その後は評議会内部の対立による可能性が強まり、この事件を受け8月8日には内閣総辞職させ、閣僚の入れ替えを余儀なくされた[18]

9月18日には暫定政権を発足させると見られていたが難航し[19][20]、9月中の発足を目指していたが[20]、9月29日に当面延期すると表明、また自身の新政権への参加も否定した[21]。過去にカダフィ政権において要職を務めたジブリールに反発する声があり、このことが自らを首相とする暫定政権の発足を困難とさせてきたとされる[22]。10月23日に暫定首相を辞任。2012年2月国民勢力連合を設立。

2012年9月12日、国民議会における首相選出選挙でムスタファー・アブーシャーグールに96対94の僅差で敗れ首相の座を逃した[23]。なお、そのアブーシャーグールも期限内の組閣に失敗し10月7日に首相を解任されている[24]。国民勢力連合はその後に暫定首相に就任したアリー・ゼイダーンを支持する立場である[25]

著作[編集]

  • el-Warfally, Mahmoud G., 『アメリカの対リビア政策 イメージとイデオロギー 1969年から1982年』Imagery and Ideology in U.S. Policy Toward Libya, 1969-1982, ピッツバーグ大学出版局; (Dec 1988), ISBN 978-0822935803

脚注[編集]

  1. ^ a b c National Transitional Council, members
  2. ^ a b The Executive Board of the National Transitional Council”. National Transitional Council website. 2011年7月25日閲覧。
  3. ^ “Excerpts from Libya Contact Group Chair's Statement”. Reuters. (2011年7月15日). http://af.reuters.com/article/commoditiesNews/idAFLDE76E0W120110715 2011年7月25日閲覧。 
  4. ^ Friedman, Uri (2011年3月23日). “Libyan Rebels Name Mahmoud Jibril Their Prime Minister”. The Atlantic. http://www.theatlanticwire.com/global/2011/03/libyan-rebels-name-mahmoud-jibril-prime-minister/36014/ 2011年7月27日閲覧。 
  5. ^ Peralta, Eyder (2011年5月13日). “Libyan Opposition Leader: The Revolution Is Led By 'New Breed Of Generations'”. National Public Radio. http://www.npr.org/blogs/thetwo-way/2011/05/13/136281833/libyan-opposition-leader-the-revolution-is-led-by-new-breed-of-generations 2011年7月21日閲覧。 
  6. ^ University of Pittsburgh Commencement, 1985. Pittsburgh, PA: University of Pittsburgh. (1985-04-28). p. 22. http://digital.library.pitt.edu/cgi-bin/t/text/pageviewer-idx?c=pittcommence;idno=1985e49956;seq=0024 2011年4月7日閲覧。. 
  7. ^ Council members - The Libyan Republic”. Interim Transitional National Council website. 2011年3月15日閲覧。
  8. ^ Wikileaks - 09TRIPOLI386, reviewed and hosted at Politiken
  9. ^ Enrico Piovesana Il possibile successore di Gheddafi, peacereporter, 24/03/2011
  10. ^ Libyan air force 'no longer exists'”. Al Jazeera (2011年3月23日). 2011年3月23日閲覧。
  11. ^ Schwartz, Daniel (2011年3月29日). “Mahmoud Jibril: the international face of Libya's rebels”. CBC News. http://www.cbc.ca/news/world/story/2011/03/29/f-libya-jibril.html 2011年7月27日閲覧。 
  12. ^ Sherman, Brad (2011年5月12日). “Letter to the Libyan Interim PM”. 2011年7月27日閲覧。
  13. ^ Füle, Štefan (2011年7月14日). “Statement by Commissioner Štefan Füle following his meeting with Dr Mahmoud Jibril, Chairman of the Executive Board of the Libyan Transitional National Council”. Europa. http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=MEMO/11/509&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en 2011年7月27日閲覧。 
  14. ^ “US stops short of recognising Libya rebels”. Al Jazeera English. (2011年5月14日). http://english.aljazeera.net/news/africa/2011/05/201151322439609422.html 2011年7月27日閲覧。 
  15. ^ “Top diplomats set for Libya talks in Turkey”. The News International. (2011年7月14日). http://www.thenews.com.pk/NewsDetail.aspx?ID=18743&title=Top-diplomats-set-for-Libya-talks-in-Turkey 2011年7月27日閲覧。 
  16. ^ “Rebels make gains in western Libya”. Al Jazeera English. (2011年7月6日). http://english.aljazeera.net/news/africa/2011/07/201176153213449975.html 2011年7月27日閲覧。 
  17. ^ “内紛? カダフィ大佐の仕業? リビア反体制派の軍司令官暗殺”. 産経新聞. (2011年7月29日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/110729/mds11072922530004-n1.htm 2011年8月21日閲覧。 
  18. ^ “リビア反体制派、内閣を解散 最高司令官暗殺の混乱うけ”. AFPBB News (フランス通信社). (2011年8月8日). http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2819055/7613945?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics 2011年8月21日閲覧。 
  19. ^ “リビア暫定政権18日にも発足 評議会、調整急ぐ”. 共同通信. (2011年9月17日). http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011091701000753.html 2011年9月23日閲覧。 
  20. ^ a b “暫定首相「政権は10日以内に発足」”. 産経新聞. (2011年9月22日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/110922/mds11092208460002-n1.htm 2011年9月23日閲覧。 
  21. ^ “リビア暫定首相「新政権樹立は中断」、自身の入閣も否定”. ロイター (ロイター). (2011年9月30日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23432420110930 2011年9月30日閲覧。 
  22. ^ “リビア暫定首相、新政権不参加…経歴に反発強く”. 読売新聞. (2011年9月30日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110930-OYT1T00551.htm 2011年9月30日閲覧。 
  23. ^ “Libya assembly elects Mustafa Abu Shagur as prime minister”. BBC NEWS. (2012年9月12日). http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-19581422 2012年9月15日閲覧。 
  24. ^ “リビア議会、新内閣の閣僚名簿を否決 首相解任”. CNN.co.jp (CNN). (2012年10月8日). http://www.cnn.co.jp/world/35022766.html 2012年10月8日閲覧。 
  25. ^ George Grant (2012年10月14日). “Ali Zidan elected Prime Minister” (英語). リビア・ヘラルド. http://www.libyaherald.com/?p=16205 2012年11月6日閲覧。 

外部リンク[編集]


公職
先代:
バグダーディ・アル=マフムーディ
(全国人民委員会書記)
リビアの旗 リビア首相
(国民評議会執行委員会委員長)
(暫定)2011
次代:
アリー・タルフーニ
(暫定首相代行)
党職
先代:
創設
国民勢力連合党首
2012年-
次代:
-