マヒンダ・ラージャパクサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはインド系文字が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
マヒンダ・ラージャパクサ
මහින්ද රාජපක්ෂ
மகிந்த ராசபக்ச
Percy Mahendra 'Mahinda' rājapaksa
Mahinda Rajapaksa.jpg

任期 2005年11月19日2015年1月9日

任期 2004年4月6日 – 2005年11月19日
元首 チャンドリカ・クマーラトゥンガ

出生 1945年11月18日(69歳)
British Ceylon flag.png 英領セイロン、ハンバントタ
政党 スリランカ自由党 (SLFP)
配偶者 シラーンティ・ラージャパクサ英語版

マヒンダ・ラージャパクサシンハラ語: මහින්ද රාජපක්ෂ, 発音 [maˈhində ˈraːɟəˌpakʂə], タミル語: மகிந்த ராசபக்ச, 英語: Percy Mahendra 'Mahinda' rājapaksa, 1945年11月18日 -)はスリランカ政治家。第13代スリランカ首相(2004年-2005年)、第6代スリランカ大統領(2005年-2015年)。

日本語での表記としては、外務省が用いているシンハラ語読みに近いマヒンダ・ラージャパクサ以外に[1]マヒンダ・ラジャパクサマヒンダ・ラジャパクセなどが存在する。

来歴[編集]

ラージャパクサはハンバントタ郊外の町でシンハラ人仏教徒の両親の息子として生まれた。彼の父D. A. ラージャパクサ英語版はスリランカを代表する政治家で独立運動の指導者のひとりであった。成長したラージャパクサはゴールのリッチモンド・カレッジ、コロンボのサースタン・カレッジとナランダ・カレッジに学んだ。若い頃にはシンハラ語の映画に出演した経験がある[2]。25歳になった1970年に国会議員に初当選し、スリランカの国会議員初当選最年少記録を打ちたてた。以降は労働・職業訓練大臣や漁業・水産資源開発大臣を務め[1]2004年チャンドリカ・クマーラトゥンガ大統領の下、首相に就任した。

大統領[編集]

ヨルダンで開催された世界経済フォーラムに参加するラージャパクサ。この直後、LTTEの首領ヴェルピライ・プラバカランの死亡の連絡が入り、急遽帰国した。

憲法の3選禁止条項により出馬できないクマーラトゥンガに代わり、後継者として2005年の大統領選に出馬。対立候補のラニル・ウィクラマシンハを50.3%の18万票差の僅差で破り、第6代大統領に就任した。

2006年より再燃したスリランカ内戦においては、タミル人武装組織のタミル・イーラム解放のトラ (LTTE) に対して徹底攻撃で臨んだ。中国パキスタンから大々的な支援を受けたこともあり、2009年にはLTTEを壊滅させてスリランカ全土の実効支配を回復した。

26年に亘る内戦を終結させた功績を元に、2010年には任期を短縮しての早期選挙を実施。1月26日投開票の大統領選挙では同じく内戦終結の功労者であるサラス・フォンセカ英語版前国防参謀長を破り、再選を果たした。同年、国会の解散総選挙を行い、与党連合の統一人民自由同盟は225議席中144議席と大勝した。さらに、選挙後の入党者を含め161議席を占めた。こうした圧倒的な人気を背景に、同年10月には大統領の3選禁止などを撤廃する憲法修正案を可決させた。

2007年12月と2013年3月12日に訪日している。

2014年11月、再び任期を短縮しての早期選挙に挑むも、与党SLFP幹事長で保健大臣のマイトリーパーラ・シリセーナが政権を離脱、新民主戦線英語版 (NDF) より野党統一候補として立候補する事態となり、2015年1月8日の投開票においてシリセーナに敗れた。敗北の理由としては、前述の3選禁止条項の撤廃に加え、露骨な親中国政策や、親族を要職につかせる等、政権の独裁・汚職体質が反発を招いたとされている。[3][4]

退陣後[編集]

ラージャパクサ政権からシリセーナ政権への移行は平和的に行われた。一方で2015年1月現在、選挙戦の終盤に敗色濃厚が伝えられたラージャパクサが開票前に軍や警察にクーデターを要請した疑惑が上がっており[5]、 また政権時代に進められた港湾や空港、高速道路の建設といった大規模プロジェクトについても、汚職疑惑が取り沙汰されている[6]

親族[編集]

政治家の家系であり、夫人との間には3人の子を持つ。[1] 大統領時代には親族をたびたび要職に取り立てていた。以下に著名な親族を示す。

脚注[編集]

  1. ^ a b c マヒンダ・ラージャパクサ スリランカ民主社会主義共和国大統領 略歴”. 要人略歴. 外務省 (2010年4月). 2014年4月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年1月11日閲覧。
  2. ^ http://www.globalinsight.com/SDA/SDADetail2481.htm
  3. ^ 前保健相が現職破り勝利 中国依存を「浅はかな外交」と脱却目指す”. 産経新聞 (2015年1月10日). 2015年1月10日閲覧。
  4. ^ スリランカ 現職が敗北認め政権交代へ”. NHK (2014年1月9日). 2014年1月11日閲覧。
  5. ^ Sri Lanka to investigate 'Rajapaksa coup plot'” (英語). BBC (2015年1月11日). 2015年1月24日閲覧。
  6. ^ Sri Lanka's new government to investigate Mahinda Rajapaksa corruption allegations”. IBTimes (2015年1月16日). 2015年1月24日閲覧。
  7. ^ 大統領が大臣を兼任していた状態での次官。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

官職
先代:
チャンドリカ・クマーラトゥンガ
スリランカの大統領
2005-2015
次代:
マイトリーパーラ・シリセーナ
先代:
ラニル・ウィクラマシンハ
スリランカの首相
2004-2005
次代:
ラトナシリ・ウィクラマナカ英語版