マヌエル・アウセンシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアウセンシ第二姓(母方の)はアルバラードです。

マヌエル・アウセンシ・イ・アルバラートカタルーニャ語: Manuel Ausensi i Albalat, 1919年10月8日 – 2005年9月1日)は、スペインバルセロナ出身のバリトン歌手[1][2]

バルセロナ市立音楽院に入学するも、スペイン内戦の勃発により学業を中断した。1941年から2年間バレンシアでマリア・リャセルに声楽を学び、その後はバルセロナ市立音楽院で声楽を修め、コンセプシオ・カヤオの薫陶を受けた。1946年にティボリ劇場で初舞台を踏み、1947年にリセオ歌劇場の《アンナ・ボレーナ》の上演に参加してオペラ歌手としての地歩を固めた。1954年にはブエノスアイレスのコロン劇場に進出し、1961年にはメキシコシティ歌劇場に登場して好評を博した。1973年に引退するまでヨーロッパ各地の歌劇場で歌ったが、1990年に一時的に歌手活動に復帰していた。

2005年にタラゴナ県クレイセルスペイン語版にて死去。

[編集]

  1. ^ lazarzuela.webcindario.com
  2. ^ [1]