マニ (預言者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マニ像

マニ英語: Mani, ギリシア語: Μάνης または Μανιχαίος, ラテン語: Manes または Manichaeus, ペルシア語:مانی, シリア語:مانی)は、サーサーン朝ペルシア時代の預言者216年4月14日- 277年2月26日[1])。グノーシス主義の影響を強く受けた新しい宗教マニ教開祖として知られる。日本で「マニ」と表記するのは、ヨーロッパ経由で伝来したために生じた不正確な読み方で[1]、原音に忠実な読みでは「マーニー」である[1]が、本項目では日本語の慣例表現に属して原則「マニ」と表記する。

生涯[編集]

預言者マニは、パルティア帝国の末期に、メソポタミア平原南部のバビロニア地方のマルディーヌー村で、パルティア貴族の父パテーグと、パルティア王族カムサラガーン家出身の母マルヤムとの間に生まれる[1]。従ってマニは、血統から言えば「パルティアの貴公子」と言っていい出自であるが、本人はあまり気にしなかったらしく、マニ教の教義では特に特筆されていない。「マーニー」という名前は東アラム語では普通の人名で、他にも多く確認できる[2][注釈 1]

父パティークは、ユダヤキリスト教系新興派であるエルカサイ教団(洗礼派、グノーシス洗礼教団)に属していた。この教団は女人禁制で、パティークは身重の妻を放り出して入信。マニは初め母親に育てられるが、4歳の時父が迎えに来て、以後青春時代をエルカサイ教団内で生活することになる。なお母マルヤムは、これ以後記録に見えず、マニと交流があったのかも定かでない[1]

226年に建国されたサーサーン朝は当初、ユダヤ教・キリスト教に対し比較的寛容であったが、そのいっぽうでゾロアスター教国教と定め、ペルシア王は自ら「アフラ・マズダーの崇拝者」と宣言していた[3]。ゾロアスター教は、紀元前7世紀頃にザラスシュトラ(ゾロアスター、ツァラトストラ)によって創始された、一神教的傾向を有する宗教で「拝火教」ともいわれる。その聖職者は「マグ」と呼ばれる僧侶によって支配され、「モーバト」と呼ばれる祭司によって構成されていた[3]

バハラーム1世に召され、自ら著述した画集教典を王に差し出す「絵師マニ」
16世紀ミール・アリー・シール・ナヴァーイー作、タシュケント(現ウズベキスタン

マニが12歳のとき、自らの使命を明らかにするの「啓示」に初めて接した[4]。その後、ゾロアスター教やキリスト教、またグノーシス主義の影響を受けて、ユダヤ教から独立した宗教を形成していった。24歳のときに2回目の啓示をうけて再び召命を経験し、新しい教団の設立を決意して父の教団を離れてマニ教を開教した[4]。バビロニア、ペルシアからインドにわたり、北西インドから中央アジア地方にかけての伝道を続けたが、当初は信者を多く獲得するに至らなかったという[3]。こののち、バビロニアに戻り、サーサーン朝のシャープール1世兄弟を改宗させ、シャープールの宮廷で重用された[4]。これにより、マニはペルシア王国全域およびその周囲に伝道して信者を増やし、教会を組織し、弟子の教育に努め、またローマ帝国領内にも宣教師を送った[3]

マニは、世界宗教教祖としては珍しく、自ら経典を書き残したが、その多くは散逸してしまった。シャープール1世に捧げた宗教書『シャープーラカン』では、王とマニ自身とのあいだの宗教上の相互理解について記述されている[3]。また、芸術の才能にも恵まれ、彩色画集の教典をもみずから著しており、つねにその画集をたずさえて布教したといわれる[5]。そのため、マニは青年時代、絵師としての訓練を受けたという伝承も生まれている[5]

272年にシャープール1世が死去し、その子であるホルミズド1世およびバハラーム1世の時代になると、マニとその教えは、ゾロアスター教の僧侶(マグ)たちからの憎悪にさらされることになった。バハラーム1世のもとでサーサーン朝がゾロアスター教以外のユダヤ教・キリスト教を迫害すると、マニ教もまた迫害されるようになった[3]276年、大マグのカルティール(キルディール)に陥れられたマニは、王命により召喚を受けて投獄され、死刑に処せられた[4]。マニの最期については、磔刑に処せられたという説と、皮剥ぎの刑に処されたのち斬首されたという説がある[3]。後世のマニ教徒たちが残した文書などによると、皮をはがされたマニが生きているという噂は残り、アラビア語の逸話集の中にはワラが詰め込まれたマニの皮が、時々シャープールの都市の門に吊るされていた、というものもある。その一方で、近年の文献資料からは比較的穏やかな状況下で獄死したのではないかとも推測されている[5]。なお、マニの死にかかわったカルティールは王と同じように各地に碑文を残しており、その絶大な権力がうかがい知れる。

マニの死後、バビロニアに避難した弟子のシシンは教団の指揮をとり、以後、マニ教団はシリアパレスティナエジプト、ローマ帝国などへの伝道に力を入れ、多くの信者を獲得した。マニ教の典礼ではマニの受難を「ベマ」(ベーマ)といい、祭礼の日となっている[3][注釈 2]

教義[編集]

マニ教の教義は、ユダヤ教・ゾロアスター教・キリスト教・グノーシス主義、さらに仏教道教からも影響を受けているといわれる。マニ教の教団は伝道先でキリスト教や仏教を名のることで巧みに教線を伸ばした[6]

マニ教は、ユダヤ教の預言者の系譜を継承し、ザラスシュトラ・釈迦イエスは預言者の後継と解釈し、マニ自らも天使から啓示を受けた預言者であり、「預言者の印璽」であることを主張した。また、パウロ福音主義に影響を受けて戒律主義を否定する一方で、グノーシス主義の影響から智慧認識の重要性を説いた。ゾロアスター教からは善悪二元論の立場を継承している。

マニ教はこのように寛容な諸教混交を表明しており、その宗教形式(ユダヤ・キリスト教の継承、預言者の印璽、断食月)は、ローマ帝国やアジア各地への伝道により広範囲に広まった[3][注釈 3]4世紀には西方で隆盛したが、6世紀以降は東方へも広がって中国に達し、漢字では「摩尼教」と記された[6][注釈 4][注釈 5]。また、マニの教えに関心を寄せた人物としては、一時マニ教徒であった4世紀から5世紀にかけてのキリスト者教父哲学の祖といわれるアウグスティヌスがいる[3][注釈 6]。さらに、のちに7世紀代のムハンマドによるイスラーム教の成立に影響を与えた。イスラームの預言者ムハンマドもまた「預言者の印璽」を自ら名乗った一人である[5][注釈 7]

著作[編集]

マーニーの著作として以下のものがあったとされる。シャープーラカーンのみが中世ペルシャ語で書かれ、それ以外はマニの母語であるシリア語で書かれていた。また、それを記述するために、マニはシリア文字を改良して、新しいマニ教文字を作り出したと言う。シリア語で書かれたマニの著作は散逸したが、ギリシャ語、コプト語、ラテン語、ソグド語などの各言語に翻訳された断片によって残されている。

9種の作品が知られ、これらの内容は以下のようであったろうと考えれている[7]

  • 『シャープーラカーン』

マニによって書かれた最初の書であり、シャープール1世に献呈され、預言者論と黙示文学の部分から成る。トゥルファンで発見されたマニ教文書のおかげでその主要部分が現存している。

預言者論では、マニ自らがアダムから始まる預言者の歴史に連なるものであり、インドにおいてはブッダ、イランにおいてはゾロアスター、西方においてはイエスが現れ、最後にバビロンの地に「預言者の印璽」としてマニが現れたことを宣言している。

黙示文学部分では、新約聖書やエノク書からの引用が多くされている。終末には「叡智世界の神」(クラデシャーリヤズド)と呼ばれている「光のイエス」が降臨し、善人と悪人を審判する。マニはここで『マタイによる福音書』25章の最後の審判に関する部分を文字通り引用する。そして、太陽の戦車に乗ったミフルヤズドが世界を大火で破壊し、残った正しい霊魂を回収する。

シャープール1世、ホルミズド1世没後のサーサーンの皇帝たちのマニ教迫害が明確化すると正典からは除かれた。

  • 『福音書』

おそらく正式名称は『活ける福音書』であり、他にも『大いなる活ける福音書』『聖なる希望の福音書』などとも呼ばれた。シリア文字のアルファベット・アレフからタウまでの22文字を冠した22章に分けられていた。

ケルンのマニ教写本』に三つの断章が残っている。その中で自らを「イエス・キリストの使徒」と称している。自分が受けた啓示が父親とともにエルカサイ派洗礼教団に属していたころに、天より「双子」の到来を受けた時のことだと自叙している。

シャープラカーンの続編的な内容で、新約聖書からの引用と、それに対してのマニの注釈によって自らの立場を明らかにしていった可能性が高いとする。

断章では「不朽の福音書」と呼び「崇高なる奥義、偉大なるわざ」を現したと表現している。コプト語の『マニ教詩編』ではこれを「著作の王」「マニの新約聖書」と呼び尊崇した。

  • 『宝庫』

これにも三つの断章が残存しているが、その内二つが、マニ教からキリスト教へと改宗したアウグスティヌスによるマニ教反駁書による[8]。マニの神学を体系的に述べたもので、護教論の性格を持っている。

『奥義の書』

イブン・アン・ナディームの『フィフリスト』に計18章の目次と概略が載せられている。バル・ダイサン派への反論から始まり、マニ教への批判への反論などが考えられる護教的作品であった。聖書外典資料が多く取り入れら、それがマニの解釈によってイエスに適応されていることは、この書がシリアやメソポタミアのキリスト教徒共同体に接触し、かつ後期の著作であること示している。

  • 『伝説』

ギリシャ語では「プラグマテイア」であり一般的に「論考」を意味するが、ここでは「物語」(mythoi)と同義であろうと考えられる、マニの神話体系を表した「伝説」である。これはマニ教徒以外にもよく読まれ、反駁の対象となった。テオロドス・バル・コーナイやイブン・アン・アンディームによってマニ教の神話体系が保存されたが、この書によったものであろう。

  • 『画集』

マニ自身による画集。『福音書』を図画化したものという説もあったが、むしろ『伝説集』の内容を図画化したものだと考えられる。『伝説』の内容は複雑であり、その神話体系を信徒の理解の一助に供するために視覚化し、マニは画家としての能力を発揮した。この画集によってイランでは、ずっと後代においても「マーニー」の名は画家の代名詞となるほどであった。

中国語のマニ教文書『法儀略』では『大門荷翼図』と名されて「大二宗図」(大いなる二原理の図)と説明書きされている。

  • 『巨人たちの書』

『エノク書』に含まれていた「巨人たちの物語」を抜粋し、それを元にマニは新しく書き表した。コプト語文書『ケファライア』においてマニ自身に「パルティア人の願いによって書いたもの」と述べさせおり、具体的にはパルティア人地域に派遣されていた弟子のマル・アンモーの願いを受けてだと推測される。パルティア語・中世ペルシャ語では「カワン」の題名であり、『法儀略』においても「倶緩」と音訳されている。

  • 『書簡』

マニは各地で宣教を行っている弟子たちと、あらゆる問題について多くの書簡をやり取りした。『フィフリスト』では76の表書が知るされている。アウグスティヌスは『基本書』と呼ばれる書簡について反駁書を書いた[8]

  • 『詩編』と『祈祷』

二つの詩編と祈祷を書き表したが、それが本当にマニに帰属しえるかどうかは不明。

マニの伝記について[編集]

マニの生涯を伝える歴史的文書としては、4世紀にヘゲモニウス英語版によって書かれたとされる Acta Archelai と、10世紀末にイブヌン・ナディームによって書かれた『フィフリスト』がある[9]。このうち、Acta Archelai はマニに対して反感を持つ立場からマニの生涯を物語るものである[9]。『フィフリスト』のマニ教関連書籍に付されたマニの生涯に関する解説は、従来から重要視されていたが、20世紀になってから見出されたマニ教関連文書と照合された後は、その正確性や客観性がさらに高く評価されている[9]

1969年上エジプトにおいて、西暦400年頃に属する羊皮紙古代ギリシア語で書かれた写本が発見された。それは現在、ドイツケルン大学ノルトライン=ヴェストファーレン州ケルン市)に保管されているため「ケルンのマニ写本英語版」と呼ばれている。この写本は、マニの経歴およびその思想の発展とをともに叙述する聖人伝となっており、マニの宗教の教義に関する情報と彼自身の書いた著作の断片とを含んでいる。

年譜[編集]

関連作品[編集]

マニの生涯を描いた小説に、

  • アミン・マアルーフ『光の庭』連合出版、2011年2月。ISBN 4897722578

がある。マアルーフはレバノン生まれのフランスの作家である[注釈 8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 母の名マルヤムはイエスの母マリア聖母マリア)からの借用と考えられる。「マニ教概説」第一章
  2. ^ ベマないしベーマとは、ギリシア語で「座」を意味している。ベマの祭礼においては、誰も座ることのできない椅子が用意される。「マニ教概説」序説
  3. ^ 20世紀初め、中国北西部のトルファン(現新疆ウイグル自治区)でイラン方言により編集されたマニ教文献が発見され、1931年にはエジプトのリコポリスでコプト語で書かれたマニ教の蔵書がパピルスの状態で見つかっている。『ラルース 図説 世界人物百科I』(2004)p.217
  4. ^ の時代、則天武后官寺として「大雲寺」という摩尼教寺院を建立している。唐のマニ教はウイグルとの関係を良好に保ちたいという観点からも保護された。加藤「マニ教」(2004)
  5. ^ 高昌(新疆ウイグル自治区トルファン地区)にはフレスコ画によるマニの肖像がのこっている。『ラルース 図説 世界人物百科I』(2004)p.215
  6. ^ ローマ皇帝のディオクレティアヌスは、領内におけるマニ教の広がりに不安を覚え、297年ペルシア人からのスパイであるとしてマニ教徒迫害の勅令を発布した。『ラルース 図説 世界人物百科I』(2004)p.216
  7. ^ マニ教の一般信者(聴講者)の5つの義務は「戒律」「祈祷」「布施」「断食」「懺悔」であり、ムスリムの義務とされる「五行」(五柱)によく似ている。「マニ教概説」序説
  8. ^ マアルーフは1993年、『タニオスの岩』でフランス・ゴンクール賞を受賞している。

出典[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]