マニー・バヌエロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • マニー・バニュエロス
マニー・バヌエロス
Manny Bañuelos
シカゴ・ホワイトソックス (マイナー)
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
出身地 ドゥランゴ州ゴメスパラシオ
生年月日 (1991-03-13) 1991年3月13日(28歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 アマチュアFA
初出場 2015年7月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マニュエル・バヌエロスManuel "Manny" Bañuelos, スペイン語発音: [ma.ˈnwɛl ba.ˈɲwe.los][1]; 1991年3月13日 - )は、メキシコドゥランゴ州ゴメスパラシオ出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBシカゴ・ホワイトソックス傘下所属。

経歴[編集]

プロ入りとヤンキース傘下時代[編集]

2008年メキシカン・リーグでプレーしていたアルフレド・アセベスらと共にニューヨーク・ヤンキースに入団。この年は傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ヤンキースで12試合(先発3試合)に登板して4勝1敗、防御率2.57、37奪三振を記録した。

2009年はA級チャールストン・リバードッグス、A+級タンパ・ヤンキースでプレー。A級チャールストンでは25試合(先発19試合)に登板して9勝5敗、防御率2.67、104奪三振を記録した。この年のオールスター・フューチャーズゲームに世界選抜の一員として出場した[2]

2010年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ、A+級タンパ、AA級トレントン・サンダーでプレー。A+級タンパでは10試合に先発登板して0勝3敗、防御率1.80、62奪三振を記録した。オフには教育リーグのアリゾナ・フォールリーグに参加した。

2011年はメジャーのスプリングトレーニングに初参加。ジェームズ・P・ドーソン・アワードを受賞した[3]。AA級トレントンでプレー後、8月2日にAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキースに昇格。11月20日にヤンキースとメジャー契約を結び、40人枠入りを果たした[4]

2012年は2年連続でメジャーのスプリングトレーニングに参加。AAA級スクラントン・ウィルクスバリで開幕を迎え、6試合に登板したが、左腕を故障したためトミー・ジョン手術を受け[5]、残りのシーズンを全休した。

2013年はリハビリのためシーズンを全休した。

2014年はA+級タンパで開幕を迎え、4月にAA級トレントンに昇格。AA級トレントンでは17試合(先発16試合)に登板して1勝3敗、防御率4.59、44奪三振を記録した。8月にAAA級スクラントン・ウィルクスバリへ昇格。4試合に先発登板して1勝0敗、防御率3.60、13奪三振を記録した。

ブレーブス時代[編集]

2015年1月1日にデビッド・カーペンターチェイスン・シュリーブとのトレードで、アトランタ・ブレーブスへ移籍した[6]。7月2日にメジャー初昇格を果たし、同日のワシントン・ナショナルズ戦でメジャーデビュー[7]。この年は7試合に投げ、うち6試合で先発登板した。防御率5.13・WHIP1.60とやや打ち込まれ、メジャー初勝利を挙げたが、1勝4敗と負け越してシーズンを終えた。

2016年8月12日にDFAとなった[8]

エンゼルス傘下時代[編集]

2016年8月21日にロサンゼルス・エンゼルスとマイナー契約を結んだ[9]

2017年は傘下のAAA級ソルトレイク・ビーズでプレーし、39試合(先発9試合)に登板して5勝6敗、防御率4.93、85奪三振を記録した。オフの11月6日にFAとなった[8]

ドジャース傘下時代[編集]

2017年11月14日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結び、2018年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[8]

2018年は傘下のAAA級オクラホマシティ・ドジャースでプレーし、31試合(先発18試合)に登板して9勝7敗、防御率3.73、127奪三振を記録した。

ホワイトソックス時代[編集]

2018年11月1日にジャスティン・ユーチャックとのトレードで、シカゴ・ホワイトソックスへ移籍した。また、移籍と同時に40人枠入りした[10]

2019年レギュラーシーズン終了後の10月28日にマイナー契約で傘下のAAA級シャーロット・ナイツへ配属された[8]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 ATL 7 6 0 0 0 1 4 0 0 .200 121 26.1 30 4 12 0 3 19 1 0 0 0 5.13 1.59
2019 CWS 16 8 0 0 0 3 4 0 0 .429 235 50.2 60 12 33 3 1 44 2 1 39 39 6.93 1.84
MLB:2年 23 14 0 0 0 4 8 0 0 .333 356 77.0 90 16 45 3 4 63 3 1 56 54 6.31 1.75
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2015 ATL 7 0 2 1 0 .667
2019 CWS 16 2 1 1 1 .750
MLB 23 2 3 2 1 .714
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

MiLB

背番号[編集]

  • 60(2015年)
  • 58(2019年)

脚注[編集]

  1. ^ スペイン語の発音記号変換ツール”. easypronunciation.com. 2019年4月5日閲覧。
  2. ^ “All Star Futures Game 2009 World Team Roster”. MLB.com. http://mlb.mlb.com/mlb/events/all_star/y2009/roster_futures_world.jsp 2013年12月28日閲覧。 
  3. ^ “Manny Banuelos wins 2011 James P. Dawson Award”. MLB.com Yankees Press Release. (2011年3月29日). http://newyork.yankees.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20110329&content_id=17180942&vkey=pr_nyy&fext=.jsp&c_id=nyy 2013年12月28日閲覧。 
  4. ^ Anthony DiComo (2012年11月20日). “Banuelos among six added to Yankees' roster”. MLB.com. 2013年12月28日閲覧。
  5. ^ Andrew Simon (2012年10月2日). “Banuelos to undergo Tommy John surgery”. MLB.com. 2013年12月28日閲覧。
  6. ^ Braves and Yankees complete three-player trade”. MLB.com Braves Press Release (2015年1月1日). 2015年1月2日閲覧。
  7. ^ Bowman, Mark (2015年7月2日). “Banuelos to make MLB debut in finale vs. Nats”. MLB.com. http://m.braves.mlb.com/news/article/134078022/braves-manny-banuelos-to-make-debut-thursday 2015年7月6日閲覧。 
  8. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2019年10月29日閲覧。
  9. ^ http://www.sportsnet.ca/baseball/mlb/manny-banuelos-agrees-minor-league-deal-angels/
  10. ^ White Sox acquire lefty Banuelos from Dodgers” (英語). MLB.com (2018年11月1日). 2019年2月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]