コンテンツにスキップ

マニックス (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マニックス
Mannix
別名 『鬼探偵マニックス(シーズン2)』
『新マニックス(シーズン3、シーズン4)』
『マニックス特捜網(シーズン5以降)』
ジャンル Detective fiction
原案 Richard Levinson
William Link
企画 ブルース・ゲラー
出演者 マイク・コナーズ
ジョセフ・カンパネラ
(season 1)
Gail Fisher
(seasons 2–8)
テーマ曲作者 ラロ・シフリン
作曲 ラロ・シフリン
Lyn Murray
Leith Stevens
Joseph Mullendore
Richard Shores
Richard Hazard
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 8
話数 194 (各話リスト)
各話の長さ 約50分
製作
撮影体制 Single-camera
製作 Desilu Productions
(1967–1968)
(season 1)
Paramount Television
(1968–1975)
(seasons 1–8)
配給 Paramount Television Domestic Distribution
(1984–1985)
CBS Television Distribution (2007–present)
放送
放送チャンネルCBS
音声形式Monaural
放送期間1967年9月16日 (1967-09-16) - 1975年4月13日 (1975-4-13)
テンプレートを表示

マニックス』(原題:Mannix)は、1967年9月16日から1975年4月13日までアメリカ合衆国デシル・プロダクションパラマウント・テレビ制作、CBSテレビで放送された連続テレビドラマ。全8シーズン、194回。

概要[編集]

スパイ大作戦』と同時期に制作されたアクションドラマで、クリエイターは『刑事コロンボ』のリチャード・レビンソンとウィリアム・リンクで、『スパイ大作戦』と同じブルース・ゲラーがプロデュースしている。また、マルチ画面によるオープニング・タイトルとラロ・シフリンが手がけたテーマ曲も評判になった。

主演はマイク・コナーズで、彼の代表作となった。彼はその後、テレビドラマ『陽気なルーシー』や『Dr.マーク・スローン』に同じジョー・マニックス役でゲスト出演している。

2008年のDVDリリースに際し、コナーズは第1シーズンの共演者ジョセフ・キャンパネラと共に特典映像のインタビューに応え、オーディオ・コメンタリーも担当した。

2011年5月、コナーズは本作のDVDについてCBSテレビとパラマウントに対して、ロイヤリティが未払いであるとして訴訟を起こした[1]

あらすじ[編集]

ロサンゼルスを舞台に、タフな私立探偵ジョー・マニックスが、様々な凶悪犯罪と闘う。

なお、マニックスは第1シーズンではハイテク調査のインターテクト探偵社の調査員であったが視聴率が伸び悩み、制作会社デシル・プロダクションの代表でもある女優ルシル・ボールの「探偵ものにコンピューターはハイテク過ぎる」という意見を受け、第2シーズン以降は上司と衝突して退職するという形でハイテク探偵社の設定が消え、新たにマニックスの友人でもあった警官の夫を殉職で失ったペギーを秘書として雇い、個人事務所を構えるという設定に変更となった。ペギー役のゲイル・フィッシャーは黒人女優として初のテレビドラマのレギュラー出演者となった。

キャスト[編集]

ジョー・マニックス役のマイク・コナーズ
ジョー・マニックス役のマイク・コナーズ(手前)とペギー・フェア役のゲイル・フィッシャー

評価[編集]

作品は高い評価を受け、ゴールデングローブ賞作品賞(テレビドラマ部門)に4回ノミネートされて1971年の第29回で受賞した[2]

主演のマイク・コナーズゴールデングローブ賞主演男優賞(テレビドラマ部門)に6回ノミネートされて1969年の第27回で受賞し[3]プライムタイム・エミー賞に4回ノミネートされた。

秘書役のゲイル・フィッシャーゴールデングローブ賞助演女優賞(テレビドラマ部門)に3回ノミネートされて2回受賞し[2]プライムタイム・エミー賞に4回ノミネートされて、1回受賞した[4]

日本での放送[編集]

日本では1968年2月25日から7月21日までと、11月3・10日[5]日本テレビ日曜夜9時枠で『マニックス』のタイトルで第1シーズンが、第2シーズン以降が東京12チャンネル(現・テレビ東京)で『鬼探偵マニックス(1969年4月6日から6月29日まで日曜19:00 - 19:56[6]、7月6日から9月28日までは20:00 - 20:56枠でシーズン2の全25話を放送)』→『新マニックス(1971年2月5日から3月26日まで金曜22:30 - 23:26、4月7日から7月28日までは水曜22:30 - 23:26枠でシーズン3の全25話を放送。1972年10月3日から1973年3月13日までは火曜22:30 - 23:26で第4シーズン全24話を放送)』→『マニックス特捜網(1975年3月4日から1976年9月28日まで火曜20:00 - 20:54枠で第5シーズン以降を放送)』→『鬼探偵マニックス(1978年4月2日から9月3日まで日曜23:00 - 23:54)』と何度も改題されて放映された。[7]

脚注[編集]

  1. ^ Belloni, Matthew (2011年5月19日). “'Mannix' Star Mike Connors Sues CBS, Paramount for Unpaid Profits (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/thr-esq/mannix-star-mike-connors-sues-190312 2015年5月2日閲覧。 
  2. ^ a b Golden Globe Awards - Mannix”. GoldenGlobes.com. Hollywood Foreign Press Association (HFPA). 2015年5月2日閲覧。
  3. ^ The 27th Annual Golden Globe Awards (1970)”. GoldenGlobes.com. Hollywood Foreign Press Association (HFPA). 2015年5月2日閲覧。
  4. ^ Television Academy - 1970
  5. ^ 11月に放送された2話は22:30 - 23:26枠で放送
  6. ^ 6月8日はローラーゲーム第3回日本シリーズの録画中継のため休止
  7. ^ 出典:テレビ東京50年史資料編「番組編成表」p168~186、朝日新聞縮刷版1968年2月号~1978年9月号

外部リンク[編集]

日本テレビ 日曜日21:30 - 22:26
前番組 番組名 次番組
0011ナポレオン・ソロ
(第3シーズン)
(1967年11月12日 - 1968年2月18日)
マニックス
(1968年2月25日 - 1968年7月21日)
※ここまで海外作品
37階の男
(1968年7月28日 - 1968年12月29日)
東京12チャンネル 日曜日19:00 - 19:56
鬼探偵マニックス
(1969年4月6日 - 1969年6月29日)
日曜テレビ寄席
【枠交換で1時間繰り上げ】
東京12チャンネル 日曜日20:00 - 20:56
日曜テレビ寄席
【枠交換で1時間繰り上げ】
鬼探偵マニックス
(1969年7月6日 - 1969年9月28日)
東京12チャンネル 金曜日22:30 - 23:26
新マニックス
(1971年2月5日 - 1971年3月26日)
東京12チャンネル 水曜日22:30 - 23:26
ドキュメンタリー 青春
※22:30 - 23:00
おいろけ寄席
※平日23:00 - 23:15
部長刑事
23:15 - 23:45
朝日放送制作】
新マニックス
(1971年4月7日 - 1971年7月28日)
東京12チャンネル 火曜日22:30 - 23:26
新バークレイ牧場

火曜ロードショー
※21:00 - 23:26
つなぎとして1時間拡大】
新マニックス
(1972年10月3日 - 1973年3月13日)
東京12チャンネル 火曜20:00 - 20:54
マニックス特捜網
(1975年3月4日 - 1976年9月28日)
爆走トラック16トン
【木曜20:00より移動】
東京12チャンネル 日曜日23:00 - 23:54
マッチプレーゴルフ
※22:30 - 23:15
外科医キャノン
※23:15 - 翌0:10
鬼探偵マニックス
(1978年4月2日 - 1978年9月3日)
東京12チャンネルニュース
※23:00 - 23:05
映画枠
※23:05 - 翌0:30