マニクアガン・クレーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯51度23分 西経68度42分 / 北緯51.383度 西経68.700度 / 51.383; -68.700

マニクアガン・クレーター

マニクアガン・クレーター(Manicouagan crater)はカナダケベック州コート・ノール地域にある直径約100kmのクレーターマニトバ州セイント・マーティン・クレーターフランスロシュショール・クレーター英語版ウクライナオボロン・クレーター英語版アメリカノース・ダコタ州レッド・ウイング・クレーター英語版と合わせて、2億1400万年前に破砕した天体の衝突によって生じた連鎖クレーターであると推定されている(en:Triassic–Jurassic extinction event)。

1970年にクレーター付近を流れるマニクアガン川英語版をせき止めるダニエル=ジョンソンダム英語版が完成したのに伴い、現在はマニクアガン湖というダム湖になっており、中央部はダム落成の前日に35歳で他界したダムの建設設計者の名をとりルネ=ルヴァシュール島英語版(René-Levasseur)と名付けられている。ルネ=ルヴァシュール島の大きさは2,020Km2に達し、淡水湖の中の島としては世界で二番目に大きい島である(世界一はヒューロン湖内のマニトゥーリン島)。

外部リンク[編集]