マニウス・トゥッリウス・ロングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マニウス・トゥッリウス・ロングス(Manius Tullius Longus)は共和政ローマ初期の政治家・軍人。紀元前500年執政官(コンスル)を務めた。

経歴[編集]

紀元前500年にセルウィウス・スルピキウス・カメリヌス・コルヌトゥスと共に執政官に就任。ティトゥス・リウィウスはこの年に特筆すべき事項は起きなかったとする。ハリカルナッソスのディオニュシオスによると、この年にフィデナエとの戦争が起こり、ロングスが軍を率いたとする。ロングスはフィデナエ領を略奪し、フィデナエを包囲した[1]。しかしローマでの陰謀を知り、全軍を率いて戻った[2]。この陰謀は最後のローマ王タルクィニウス・スペルブスが復位を狙ったもので、同僚執政官のカメリヌスが復位を狙う陰謀を防いだとする[3][4][5][6][7]

ロングスは年末に開催された競技会で戦車から落車し、3日後に死亡した[8]。補充執政官は選出されずカメリヌスが単独で残りの期間の執政官業務を務めた。

参考資料[編集]

  1. ^ ディオニュシオス『ローマ古代誌』、5,42, 2.
  2. ^ ディオニュシオス『ローマ古代誌』、5.47, 2 - 5.
  3. ^ William Smith (Ed.), Dictionary of Greek and Roman Biography and Mythology
  4. ^ リウィウスローマ建国史』、2.19.
  5. ^ ディオニュシオス『ローマ古代誌』、5.52.
  6. ^ ゾナラス『歴史梗概』、7.13.
  7. ^ キケロ『ブルトゥス』、16.
  8. ^ ディオニュシオス『ローマ古代誌』、5.47, 5.

関連項目[編集]

公職
先代:
ポストゥムス・コミニウス・アウルンクス
ティトゥス・ラルキウス・ルフス I
執政官
同僚:セルウィウス・スルピキウス・カメリヌス・コルヌトゥス
紀元前500年
次代:
ティトゥス・アエブティウス・ヘルウァ
ガイウス・ウェトゥリウス・ゲミヌス・キクリヌス