マドリード条約 (1526年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

マドリード条約(マドリードじょうやく、フランス語: Traité de Madrid; スペイン語: Tratado de Madrid)は、イタリア戦争中に神聖ローマ皇帝スペインカール5世フランスフランソワ1世との間で結ばれた条約

1521年イタリア支配をめぐってハプスブルク家(オーストリア・スペイン)とフランスは戦争を開始した。1525年にフランス王フランソワ1世パヴィアの戦いでスペイン軍に敗れて捕虜となり、マドリードへ送られた。スペイン王カルロス1世(神聖ローマ皇帝カール5世)は、マドリード市民がフランソワ1世に同情的で、また教皇クレメンス7世イングランドヘンリー8世などもカルロスに対立している情勢をみて、1526年にフランソワとの間で条約を結んだ。これがマドリード条約である。

条約内容は、フランスがブルゴーニュミラノ公国ナポリ王国フランドルアルトワなどを放棄することを定めており、幼い仏王子2人と交換にフランソワ1世は釈放された。しかし、帰国したフランソワは翌1527年にこの条約を履行しないことを明らかにし、イングランド・イタリア諸国・教皇と手を組んで反ハプスブルク体制を固め、戦争を継続した。

なお、1526年には神聖ローマに属するサヴォワ家プロヴァンスでニース伯を受領した。即ちモナコはスペインが支配した。