マドモアゼル・愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

マドモアゼル・愛(まどもあぜる・あい、1950年1月25日 - )は、日本占星術者、随筆家。男性。本名は伊藤一夫[1]

西洋占星術以外にも恒星占星術も行い、著書及びWEBコンテンツや携帯サイトの監修、講演、商品開発など多方面で活躍している。星占いの館シグマの初代館長。紅亜里に師事。ルル・ラブアのお別れ会で、世話人代表をつとめる。

ニッポン放送テレフォン人生相談」では、心についてのエッセイストとして担当している。若いころにひどいノイローゼに悩んでいたころ、おなじ番組で出演している加藤諦三の本に出会い、救われた[2]

千葉県の山の中の館(ザ・ヒルズ スター&ウッド)を拠点とし年中行事や妖精パーティーなどをしていた。また、和歌を歌う日本最古の文化である披講の学習会である星と森披講学習会を主宰している。

現在(2018年1月時点)、東京都世田谷区尾山台のマドモアゼル・愛ショップにて、ソルフェジオ周波数の音階が出る音叉であるMIチューナー、でできた服池田山ファッション等の販売、セミナー等の活動を行っている。

MIチューナーについてはニチオン(株式会社ニチオン)との共同開発。

主な連載誌[編集]

主な著作[編集]

他に監修、著作多数。

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 每日新聞社東京本社社会部『あのうたが聴こえますか: 戦後五〇年歌物語』p.324
  2. ^ テレホン人生相談2011年11月にて発言[1]
  3. ^ TBSテレビにも同時ネット

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ M.B.MOOK『懐かしファミコンパーフェクトガイド』103ページ